パーティーシーンの手元を飾るパールのビーズ時計の作り方をご紹介します。ドレスや小物の色に合わせて、ビーズのカラーを変えれば沢山のバリエーションで楽しめます。

ビーズ時計
 

材料【完成サイズ:約15cm(アジャスター除く)】

・スワロフスキー ソロバン型 (4mm シャム) 32個
・丸小ビーズ (シルバー) 66個
・パール (4mm) 14個
・時計フェイス 1個
・テグス 30cm×2本
・丸カン(シルバー) 2個
・つぶし玉 2個
・ボールチップ(シルバー) 2個
・アジャスター(シルバー) 1セット
・テグス 30cm×2本

 

作り方

1. 時計フェイスにテグスを通し(下図が中央)、丸小ビーズ・スワロフスキー・丸小ビーズの順に通し、次のパールでテグスを交差させます。
下図セットを7セット分繰り返し、丸小ビーズを両方のテグスに通し、次の丸小ビーズでテグスを交差させ、ボールチップとつぶし玉でテグスの処理をします。⇒ボールチップの使い方が不明な方は過去の記事「秋色ブレスレット」をご覧下さい。
 
2. もう片方も同様に作成し、丸カンでアジャスターを取り付けて完成です。

 

ポイント

今回は赤のパーティバッグに似合うブレスレット風の時計が欲しいという友人のリクエストで作成しました。アンティーク調のフェイスを使用したのでパールを使い、クラシカルな雰囲気に仕上げてます。
パールではなく、スワロフスキーやチェコビーズを使って日常使いに、赤いスワロフスキーを黒に変えると一層シックな雰囲気に変わります。
お好みのシーン、カラーでお楽しみください。


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場でビーズを見る

Amazonでビーズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。