『葉桜の季節に君を想うということ』の歌野晶午が久しぶりに講談社ノベルスに登場! 話題の新刊『密室殺人ゲーム王手飛車取り』とオススメ既刊を紹介します。

出題者は犯人!推理ゲームのための殺人

密室殺人ゲーム王手飛車取り
バカミス的奇想と、もしやリアルになるのでは?という怖さが同居。
凝ったトリックを使った推理小説を読んで、「わざわざ苦労してこんな面倒くさいことしねーよ」と思ったことはありませんか? でも、もしトリックを使うために殺人を犯す人たちがいたとしたら……。そんなぶっ飛んだ、でも全くありえないとも言えない設定で書かれた小説が『密室殺人ゲーム王手飛車取り』。

インターネット上で殺人推理ゲームの出題をしあっている5人。ネットで出会った彼らはお互いの素性を知らず、<頭狂人><044APD><aXe><ザンギャ君><伴道全教授>というニックネームで呼びあっています。密室やアリバイ崩しなど、さまざまな問題が出されるのですが、取り上げられた殺人はすべて、現実に発生していました。しかも、犯人は出題者なのです。

第一話の「次は誰を殺しますか?」は、無差別連続殺人事件のミッシングリンクは何かという問題。ものすごく凝っていますが、回答には脱力。でも、行われていることの非道さとこのバカバカしさのギャップが本書の狙いなのかもしれません。その印象は、読み進むにつれて強くなり、最終話の「誰が彼女を殺しますか?/救えますか?」のシニカルな落ちにつながっていきます。

もちろん、著者ならではの謎解きの面白さもあり! 伏線を見逃さないように読みましょう。

騙される快感を味わうとクセになる、歌野ミステリ。次に読むならこの2冊>>>