教育資金を貯める基本は積立です。まずは積立に向く商品について整理してみましょう。

教育資金準備の基本は積立

教育資金を貯める極意は次のようなものが挙げられます。
  1. 細く長くコツコツ
  2. 確実に貯める
  3. さぼらない
  4. 使い込まない
この4つです。

教育資金は細く長くコツコツと。

教育資金は細く長くコツコツと。

一方、教育資金の貯蓄方法としては、貯めやすい順番でいくと、
1. 給与から天引き
2. 給与振込口座からの自動振替
3. 集金してもらう
4. 自分で管理
となります。自己管理できる人ほど、選択肢が広がるといえます。

今回は、貯める商品として、積立を取り上げます。積立として利用できる商品には次のようなものがあります。

1. 給与から天引き

■財形貯蓄(職場)
会社が提携した金融機関で行う積立貯蓄。給与天引きなので、確実に教育資金を貯められます。一般財形を利用する人が多いですが、一般財形には特にメリットがないため、住宅資金用との混同が避けられるなら、住宅財形がお勧め。住宅財形の場合は、5年経過した分の利息が非課税になります。