迷い込んだのは元料亭の長屋バー
神楽坂 凛花(神楽坂)

01
 

02
情緒溢れる階段を上り2階へ。元料亭の長屋をパリッと改装した隠れ家的雰囲気が嬉しい
「お店に来るまでも楽しんでもらえたら嬉しい」とオーナーが語るように、インターフォンを押すまでの道順は少々複雑。駅から坂を下り、メイン通りからクネクネと入った路地裏の長屋に『神楽坂 凛花』はある。神楽坂の情緒を色濃く残す若宮町にひっそりと佇むワインバーだ。

元料亭の長屋をパリッと改装した店内は畳や障子、トイレへと続く石畳のアプローチ、シンプルでシックなローソファなど、和と洋が混在する垢抜けた雰囲気。そこに週代わりで生けられる季節の洒落た花々が一風の清涼感を添える。
「フランス、イタリア、カリフォルニアなど赤も白も常時各国3種類、男女とも楽しめるワインが中心です(グラス1000円~、フルボトル7000円~)」とオーナー。

人知れず隠れ家的な空間で、今宵も、遊び慣れた紳士・淑女が上質なワインと怪しくも美しい関係を楽しんでいる姿が見えてくる。