いま、スロッターズカフェが熱い!
上野『Sloter’s Cafe&Bar』

003
秘宝伝、サンダーバード、CATS EYE、主役は銭形、アントニオ猪木自身がパチスロ機、クランキーコンドル、サンダーV、タコスロ、ミリオンゴッドなどパチスロ好きには馴染み深い機種が勢揃いしている

004
0002
カウンターやソファー席で他人のプレイを肴に飲むことも。取材当日は個人的に思い入れの深いタコスロで遊ばせていただきました
手前から押忍!番長、カイジ、獣王ーー。ズラリと並んだゲーム台は、近ごろパチスロ・マニアを中心に人気を博しているアミューズメントバー、上野『Sloter’s Cafe&Bar(スロッターズカフェアンドバー)』のパチスロ機たちだ。

近ごろはパチスロで遊べるゲームセンターも多いが、これほどマニアを驚嘆させる機種を揃え、さらに酒を飲みながら遊べるのはここだけ。店内には約20機種、さらに倉庫を併せれば約50機種以上をストックし、人気の高い台やオーナーの思い入れの強い台を中心に設置しているという。

客はスロット好きはもちろん、パチスロ初心者のカップルや女性たち、中には専門誌で活躍する有名パチスロ・ライターなどもフラリと訪れ、連日連夜の盛況ぶり。店では約2ヶ月置きに有名パチスロ・ライターをゲストに迎えるイベントが開催されており、しのけん、アニかつ、ガル憎などパチスロ好きの欲望が飽和点に達するであろう面々との出玉バトルなども。普段、誌面でしかお目にかかれないスロッターたちとパチスロを打てるとあって、多方面から遠征するマニア連中も多いそうな。

「設置機種は5号機ではなくギャンブル制の高い4号機中心。今、パチスロ店では設置が許されていない吉宗や番長といったかつて人気を博したパチスロ機で遊べるのが魅力ですね。男性は1時間に600円のチャージ制。女性はファーストチャージ(600円)のみで時間を気にせず遊べます。また『この台を設置して欲しい』といったリクエストにもお答えしています」(店長)

気になるパチスロ機の設定は全台6(6段階のうちの最も当たりやすい設定)。アルコールに酔いながらパチスロの醍醐味、大当たりの快感を得られやすい一粒で何度も美味しい仕様になっている。ただし、換金や景品との交換はできません。


【『Sloter’s Cafe&Bar』  店舗紹介】
006

・ADRESS:東京都台東区上野6-5-7?JUNビル4F
・TEL: 03-3835-0977
・営業時間:17:00~翌5:00(L.O.04:30) 
・休業日:不定休
・システム:チャージ料/600円(1時間、女性はファーストチャージのみ)、フード&ドリンク/500円~
※特典:「オールアバウト見た」で1グループにつき500円割引!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。