「クローズZERO」の重要人物・やべきょうすけが男の生き様を語る


yabe000
(C)2007高橋ヒロシ/「クローズZERO」製作委員会

「ちょいワル」だったり「プチなんちゃら」だったりな世の趨勢に対するアンチテーゼとして、本物の「ワル」や「男の美学」を描いた生ける伝説のヤンキー漫画「クローズ」が待望の映画化! 祭りと聞いただけで燃えちゃうヤンキー共が久しぶりにガンガン殴り合う、感動的な直球ヤンキー映画の誕生だ。

その中で重要な役割を果たした"僕らのアニキ"こと、やべきょうすけ氏。かつて『キッズリターン』や『TAKESHI'S』などに出演し、その演技力は北野監督からも絶賛される氏にワルが覚醒したヤンキー時代から映画『">クローズZERO』の見所、そしてなぜか向こうから事件がやってくる夜遊びライフと、直角な人生を語って頂きました。

親に反発していたわけではないし
世の中に不満があったわけでもない


yabe07
ガイド:
いやぁ、楽しく映画を拝見させていただきました。まさにハマり役でしたね!
 
やべ:
ありがとうございます(笑)。

ガイド:
スクリーンでは鈴蘭高校の悪ガキも矢崎組のヤクザにもバカにされているような駄目チンピラ役でした。まずは、そんなやべさんの学生時代を振り返っていただきたいんですけど。

やべ:
当時は不良がモテたんです(笑)。まだ長ラン・短ランが全盛の頃で…。でも、グレてたわけではないんですね。不良っていう意識は全くなかった。で、当時仲良くしてもらっていた不良の先輩に言われたんです。「女にモテたいならアイドルになるか大人の男になるか、どっちかだ」って。アイドルになってヘラヘラ笑っているのは嫌だったから、これは大人の男になった方がいいな、と思って。そしたらそのまま保健室に連れていかれて頭にオキシドールをかけられて翌日、金髪の不良になっていた(笑)。それが、たしか中学1年生の頃でしたね。

ガイド:
にもかかわらず放送委員になって登校拒否を3人も学校に通わせたりと、かなり正義感の強い不良だったみたいで。

やべ:
よくご存知で(笑)。それは当時番長だったキムラ君の影響が大きかった。登校拒否のコを学校に通わせるように説得したりもしたし、彼がとにかく正義感の強い不良で、学校の仲間が他校の生徒にカツアゲされたと聞けば、野球部に金属バットを借りて彼と2人だけで学校に乗り込んだり(笑)。

ガイド:
ワハハハ! プロレス用語でいう"トンパチ(=トンボにハチマキの意味。常識・既成概念があてはまらない思考・行動をする人間を指す)"というか。

yabe05
やべ:本当はカツアゲされたヤツを守ろうとしてやったにもかかわらず、キムラ君は先生に「なんでケンカしてんだ」と怒られても「マジめなヤツがオレらみたいな不良と関わっていたら親が心配する」と、本音を言わないんですよ。そんなキムラ君の"男の美学"みたいなものがすごく面白くて、それから正義感の強い本物のワルの道にのめり込んでいった。だから親に反発していたわけでもないし、世の中に不満があったわけでもないし。

ガイド:
そんなトンパチぶりを見て、中学卒業時に学校の進路担任から吉本のお笑い学校・NSC入りを進められると(笑)。

やべ:
そう! あの時はビックリしました。成績が良くないから「手に職付けろ」なら分かるんっだけど、千葉の中学校なのになんでわざわざ大阪から願書を取り寄せて、「それは違うだろ!」って(笑)。結局、私立の高校に入ったわけですけど。でも、テレビのクイズ番組を見ていて「ギャラも賞金も貰えるなんて、なんて素敵な商売なんだ」って思い始めちゃって(笑)。

ガイド:
そして芸能界を目指し、丹波道場に入門される、と。

やべ:
はい。面接時に今のクイズ番組のくだりを丹波哲郎さんに話したら、「お前の正直な所がいい」って褒められて、「初めて自分の存在を認められた」って嬉しくって。それで帰り際に丹波先生に「おい、やべ! 名前は何だ」って聞かれたから「きょうすけです」と答えたら「バカヤロー! 人に名前を聞かれたら名字で答えるんだ!」ってすごい剣幕で怒られて。でも、オレ、「おい、やべ!」って呼ばれてるんですよ。だから瞬時に「アンタが名前で呼んだからだろ!」ってツッコミを入れちゃったんですよね(笑)。そしたら「ニコッ」って笑って「そうだったか、へへへ」って、こんな見ず知らずの若造にも正直に誤ってくれて。そのとき「この人に一生付いていこう」って思いましたね(笑)。

ガイド:
ワハハハ! 芸能界のドンに対しても臆することなくツッコミを入れちゃうという。まあ、そんな直角に生きるやべさんを瞬時に見抜いて合格になったんでしょうね(笑)。

やべ:
それからお会いする度に目をかけていただけるようになって。去年、亡くなられたときも、何千人と門下生がいるなかで唯一僕だけが遺骨も取らせていただきましたし(しっとりと)。