現代日本が創った原爆映画
『夕凪の街 桜の国』

夕凪の街 桜の国
7月28日より全国ロードショー公開
(C) 2007「夕凪の街 桜の国」製作委員会
原爆投下から13年後の広島。母親と暮らす皆実(麻生久美子)は、被爆による心の傷を抱えながら懸命に生きています。そして現代の東京。家族に隠れて外出した父のあとを追った七波(田中麗奈)は広島に辿り着き、自分自身のルーツに思いを馳せるのでした。

原爆投下が個人や家族にどれだけ暗い影を落としたのか? 二つの世代の視点を通して描く秀作です。

・2007年/日本映画
・上映時間:118min
・監督:佐々部清
・出演:田中麗奈、麻生久美子、藤村志保、堺正章、吉沢悠、中越典子
関連リンク

アメリカ制作の記録映画
『ヒロシマナガサキ』

今夏公開のもう一本、原爆をテーマにした映画が公開中です。
今夏、全米でテレビ放映されるドキュメンタリーフィルムです。原爆投下から60余年経た今、まだまだ世界の多くの人々は被害の実態を知りません。本作は500人を超える被爆者に会い、取材を重ねた貴重な記録映画です。

・2007年/アメリカ映画
・上映時間:86min
・監督:スティーヴン・オカザキ
関連リンク

被爆後遺症を描く
『黒い雨』

黒い雨
近年の今村昌平監督の最良の一本『黒い雨』
井伏鱒二のベストセラー小説の映画化です。
1945年8月6日、瀬戸内海の子舟にゆられていた矢須子は強烈な閃光を見ます。直後、空が真っ黒な雲に覆われ、黒い雨が降ってきます。

被爆後遺症を描いた本作の中、もの静かにその後の生活を続ける被爆者の姿は、先に逝った者たちへの哀悼にみえます。

・1989年/日本映画
・上映時間:123min
・監督:今村昌平
・出演:田中好子、北村和夫、市原悦子、沢たまき、三木のり平、小沢昭一


次ページは、硫黄島の地上戦を描いた昨年末から話題の『硫黄島からの手紙』と、大空襲の戦渦を描いたアニメーション『火垂るの墓』です。