『オーメン』(2006)[THE OMEN]

『オーメン』(2006)[THE OMEN]ついに公開になります2006年版『オーメン』。ダミアン復活の日は千年に一度6が重なる日――2006年6月6日に全世界同時公開だそうです。全世界同時も頑張ったな、と思いますが、日本では6時のイベントも企画されているそうですよ。んー、徹底的にこだわりますな。

『オーメン[The Omen](1976)』は、『悪魔の棲む家[The Amityville Horror](1979)』『エクソシスト[The Exorcist](1973)』といった70年代のオカルト代表作。それが近年になり続けてリメイクされロードショー。南にとってリチャード・ドナー監督の『オーメン』(1976)は、ホラー嫌いにさせたトラウマのある映画。その後、6月6日(以下:66)生まれの男の子のあだ名が「ダミアン」になっていたことでも忘れ難い。これは大人になってからもそうで、『オーメン』世代の人から誕生日を聞き、それが66だと、もしかして子供の頃とか?と聞くと「嫌な思いをしていた」と言います。それが年月を経て……というより、きっとお仕事でホラーを観まくって克服したわけで。最近、問題なのは、ホラーを観て笑ってしまうことなのです。ちょっとばかり慣れるのが早すぎ、と感じています。

『オーメン』(2006)[THE OMEN]さて、2006年版「オーメン」のお披露目試写会に行ってきました。ちょっと前に「ダ・ヴィンチ・コード」を観たのと同じ場所でした(だからどうという事はありません)。

【story】「ヨハネの黙示録」曰く<オーメン>とは不吉な出来事の<予兆>とされ「666」とは「悪魔の刻印」を示している。6月6日午前6時に、この世に誕生した母親不明の赤ん坊ダミアン。同じ時刻にローマの産院で実の子を亡くしたロバート(リーヴ・シュライバー)&ケイト(ジュリア・スタイルズ)のソーン夫妻はダミアンを引き取り、愛をもって育てていく。だが、成長したダミアン(シーマス・デイヴィ=フィッツパトリック)の周囲で家政婦、神父らが次々に謎の死を遂げ、ケイトまでもが不可解な事故で重傷を負うなか、ジェニングス(デヴィッド・シューリス)というカメラマンがロバートを訪ねた。そしてロバートはダミアンに恐るべき疑いをもつようになる。やがて、『666』という数字に込められた秘密を知ってしまったロバートは、恐るべき驚愕の事実に直面するのだった……。

『オーメン』(2006)[THE OMEN]ロバートは神父との話、つまり他人の子を実子として育てていくこと、を妻に秘密にする。もちろんそれは妻を気遣ってのことなのだが……。もしも妻ケイトが最初から事実を知っていたら……。もしもナニー(住み込みのベビーシッター兼家庭教師⇒ex.『ナニー・マクフィーの魔法のステッキ』)が早くみつかっていたら……。もしもロバートが他人の話に耳を貸すだけのゆとりある人間だったら……。不幸は訪れなかったのかもしれない。でも実際問題、親は我が子に疑問を持てるのだろうか? そして行動できるものか。そう思うとたくさんの「もしも」を考えてしまう。

それまでいい雰囲気を醸しだしていて怖かったミア・ファローが最後に見せる変貌には笑っちゃいましたが、ダミアン(シーマス・デイヴィ=フィッツパトリック)の振向きざまの表情に漂う無垢を装った醜い悪魔の微笑みが見て取れることには驚きました。かずかず描かれる悲劇、なかでもジェニングスを襲う悲劇は、一瞬のことながらインパクト演出でゾゾッー。ストーリーラインは、(ネタばれ→)[ほぼオリジナルと一緒](←ここまで)。オリジナルとの違いを見つけるのも見方のひとつでしょう。まさに人類は、ダミアンにとっての最後の遊び相手なのでした。

『オーメン』(R-15)
[THE OMEN]
2006年6月6日[火]~有楽町スバル座ほか全世界同時公開!
監督:ジョン・ムーア
出演:リーヴ・シュライバー、ジュリア・スタイルズ、ミア・ファロー
ほか
2006年/アメリカ/1時間48分/配給20世紀フォックス 
日本語字幕:林完治
公式サイト:www.omen666.jp

※本文中に[   ]とブランクになっている部分は、ネタばれを考慮した【隠しコメント】です。マウスの場合、左クリックしカーソルをのせ、なぞっていただければ表示されます。

【関連リンク】2006春夏★ホラー・コレクションホラー・オカルトリメイクエクソシスト ビギニングタイムライン

※著作権は撮影者・南樹里及びオールアバウトに帰属します。
※記事・画像の使用は、版権を有する映画配給会社等の許諾を得て掲載しています。
※記事・画像の使用・転載は、営利・非営利を問わず禁止です。
※リンクは、大歓迎です。詳細は右上の▲リンクをご覧下さい。
※Photos(c) Julie Minami - All Rights Reserved. Use is restricted to this website in promotion of "THE OMEN" Photographs may not be copied for use elsewhere including other Internet sites without permission.

映画・来日・ニュース・イベント

この他の2006年5月~6月公開の映画カレンダー

『オーメン』の上映時間を調べる

『映画』トップページへ戻る


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。