『妖怪大戦争』を観ました

子供の時にしか出来ない冒険があった

『妖怪大戦争』(2005)

『妖怪大戦争』一言で表現するならば、「妖怪さん、いらっしゃーい(三枝師匠風)なお祭り映画」。

<<両親の離婚により、母の故郷である鳥取で暮らす10歳のタダシ。仕事で忙しい母にかわって、痴呆のはじまった祖父の俊太郎と多くの時を過ごしている。ある夏祭りの日、<麒麟送子>に選ばれてしまう。それは大天狗の住む山に聖剣をとりにいき、世界の平和を守る使命が課せられていた。>>

主演で麒麟送子のタダシに神木クン。まだまだ美少女に見えるときもある可愛らしさ。悪に立ち向う時の凛々しさ。その二つの魅力がタップリ。口ぐせは「無理」もしくは「絶対無理」。いくらいじめっ子にからかわれても、強がったりしない現代っ子。自分は弱虫だと認めてしまっている子こそがタダシなのだ。

タダシを支える妖怪たちは、バリバリの特殊メイクで大勢の俳優さんが出演されるのですが、じーっと見ても最後まで誰なのか分からなかった方もちらほら。妖怪ビジュアルを存分に楽しめます。タダシに愛される「すねこすり」は、その外見とは別に、きっと自らグロい怪物に化ける(元の姿)のかと思ったら、違うんですよね。期待を裏切られたような、そうでなくて、そういう展開かぁ~と思ったり。ファミリーでガヤガヤと楽しめるつくり。ラストシーンは大人ならホロリとし、子供の頃を懐かしむのではないでしょうか。

タダシや妖怪と対決する悪霊軍団の加藤保憲(豊川悦司)とアギ(栗山千明)の衣装は凝っているし、独特の世界を築いている。魔人の加藤ってあの『帝都物語』の加藤と関係アリ?と思わせるのだけど、ビジュアル的にも似せております。これは予想外のサプライズ。『帝都~』原作者の荒俣氏が関係しているからかな。そうそうプロデュースチーム「怪」には、世界妖怪協会会長で漫画家の水木しげる氏、荒俣宏氏、京極夏彦氏(こちらのお三方は同じシーンに登場)、宮部みゆきさん(タダシの担任役で出演)と最強の<妖怪>ブレーンがついていたのだ。

主題歌、挿入歌が豪華。作詞は三池監督。歌うのは、忌野清四郎氏と井上陽水氏。小豆(あずき)は超ポップにはじけます。[2005/7/21]

『妖怪大戦争』

古くから共生してきた<妖怪>たちが多数出演。誰か分かるかな!?

『妖怪大戦争』
[―]
2005年8月6日[土]~ 全国ロードショー
製作総指揮:角川歴彦 監督:三池崇史『ゼブラーマン』
出演:
神木隆之介、豊川悦司、宮迫博之、菅原文太 ほか
2005年/日本/2時間4分/松竹配給  角川グループ創立60周年記念作品
公式サイト:http://yokai-movie.com/

※著作権は撮影者・南樹里及びオールアバウトに帰属します。
※記事・画像の使用は、版権を有する映画配給会社等の許諾を得て掲載しています。
※記事・画像の使用・転載は、営利・非営利を問わず禁止です。
※リンクは、大歓迎です。詳細は右上の▲リンクをご覧下さい。
※(c)2005「妖怪大戦争」製作委員会
※Photos(c) Julie Minami - All Rights Reserved. Use is restricted to this website in promotion of "yokai-war" Photographs may not be copied for use elsewhere including other Internet sites without permission.

映画・来日・ニュース・イベント

この他の2005年夏公開の映画

『妖怪大戦争』の上映時間を調べる


『映画』トップページへ戻る
 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。