ヴェロニカ・ゲリン2004年5月29日(土)より恵比寿ガーデンシネマ他全国順次ロードショー
真実を追い続けた女性記者、ヴェロニカ・ゲリンところが1996年6月26日追求が真実に迫ったとき…彼女は…実在のジャーナリストを描いた感動の実話
ヴェロニカ・ゲリンジャーナリストとして、一人の母として、私は書き続ける

アイルランドで最大部数を誇るサンデー・インディペンデント紙のジャーナリスト、ヴェロニカ・ゲリン─。1959年7月、アイルランドのダブリンで会計事務所を経営する家庭に5人兄弟の4番目として生まれる。子供の頃から活発でバスケットボールではヨーロピアンバスケット・ボーラーに選ばれる、アイルランド共和国のサッカーチームでもプレイしトップスコアを記録した。

高校卒業後、父の会計事務所を経てPR会社を設立。夫のグレアム・ターレイと1985年に結婚、90年には息子のカハルが生まれている。1994年の1月、ヴェロニカ・ゲリンの記事が初めてサンデー・インディペンデント紙に掲載された。当初は報道や特集記事担当だったヴェロニカ・ゲリン、次第に犯罪記事を手がけるように・・・。

ヴェロニカ・ゲリン

そしてヴェロニカ・ゲリンは、ダブリンの麻薬犯罪の実態を暴き出し、度重なる脅しにも屈せず報道し続けた。記事が大きな反響を呼ぶ一方で、同僚からの妬み・・・また犯罪組織の恨みを買うことになっていく・・・。彼女の追求がついに真実に迫ったとき、彼女は…。

原題:『VERONICA GUERIN』日本語版字幕翻訳者: 松浦美奈■スタッフ製作:ジェリー・ブラッカイマー監督:ジョエル・シュマッカー脚本:キャロル・ドイル、メアリー・アンガス・ドナヒュー音楽:■キャストケイト・ブランシェット、ブレンダ・フリッカー、コリン・ファレル、シアラン・ハインズほか[2003年/アメリカ/シネマスコープ/ドルビーSRD/1時間38分]配給:ブエナ ビスタ インターナショナル(ジャパン)  (PG-12)

※記事・画像の使用は、版権を有する映画配給会社等の許諾を得て掲載しています。※記事・画像の使用・転載は営利・非営利を問わず禁止です。※リンクは、大歓迎です。詳細は右上の▲リンクをご覧下さい。