エナジーゴーグル!


ガイド:
小林写楽さん、戸田宏武さん、All Aboutテクノポップで2回目のインタヴューとなりますが、よろしくお願いします。前回、いろいろな事を伺いましたが、今回は二つの事に絞ってお聞きしたいと思っています。一つは、3月17日にリリースのニュー・アルバム『PROTOSCIENCE』、もう一つは、近未来ゴーグルについて。近未来ゴーグルというのが正式名称か分かりませんが、どのように呼ばれているのですか?
(左から)戸田宏武、小林写楽


写楽:
我々FLOPPYの間ではエナジーゴーグルと呼ばれています。

戸田:
勿論そうです。

ガイド:
先日の話ですが・・・2010年2月25日にあったESAKA MUSEでのsoyuz projectとの合同ライヴを見せて頂きました。サポートメンバーの2名の方も含めて、始めから終りまでゴーグルでしたね。外から見る限り、片方は液晶のようなので、片目でしか見れないですよね。楽器の演奏とかかなり大変では?

写楽:
客席は殆ど見えませんが演奏に支障は無いですね。たまにステージから落ちますが。

戸田:
そうですね。不自由には慣れていますので別段問題御座居ません。

ガイド:
よく見ると、小林さんはその中にメガネ・・・(笑)。

写楽:
たまたまコンタクトを忘れまして(笑)。