「アニソン100連発MEGA電波ww」というCD10連発企画が10月15日より始まりました。今回、その企画について首謀者、@n-Guilla Sounds(アンギラサウンズ)の3人のメンバーにお話を伺いました。

ギラDK(DeathVo,SEVo,Gt,DAWProg&Mix)
ギラKT(Vo,Dr,DAWProg&Mixing)
ギラYK(宣伝担当)(Cho,Key,DAWProg&Operation)

以下の写真は、大阪日本橋で行われたリリース・イベントの様子です。
DISC PIERでのイベント(1)


DISC PIERでのイベント(2)


DISC PIERでのイベント(3)


企画のきっかけ


ガイド:
今回の「アニソン100連発MEGA電波ww」という企画は、どんなきっかけで「やろう!」っていうことになったのでしょうか?

ギラDK:
もともと僕達は、サークルで活動している作曲仲間なんですが、「何か大きな事をしたい!」っていうのが口癖で、僕が「10ヶ月連続でCDを作ってみよう」という無謀な企画をぶち上げたんです。

ギラYK:
どうせやるなら10ヶ月100曲リリースを目標にやろう!と(笑)。それで、3人ともアニソン好きだし…アニソンのカヴァーをやろう!という話で始まりました。

ギラDK:
と言うものの、僕たちはお金がないので・・・。色んな会社に企画を持ち込みました。デモを持って行っては断られ続けていたんですが、ある会社に興味を持っていただいて。実際に持っていったものの、「まだインパクトが弱いので、1曲ずつアレンジを変えてやってみなよ」って言われまして・・・(汗)。

ガイド:
言うのは簡単ですが、やるのは結構難しそうですね。

ギラYK:
「えー!」ってなりながらも、「やります」って口が勝手に動いてました(笑)。

ギラDK:
このチャンスにかけよう!と。

「電波ソング」というのは、wikiで調べると「一度聞いたら頭から離れないほどのインパクト」などを特徴に持つ音楽を指すインターネットスラング・サブカルチャー用語です。ありきたりのアレンジにとらわれず、楽曲ごとに愛情込めてアレンジをしています。

ガイド:
どうして「ww」なんですかww?

ギラDK:
wはオタ用語で(笑)という意味なのですが、まぁこんなCDを作る人は他にいないんじゃないかと思って。

ギラYK:
「ノリでww付けとけ」みたいなね。

ギラKT:
僕がしょっちゅうメールに「w」を使うのもあって、それも一因かもしれません・・・(笑)。