イカ天を見てこれだ!


ガイド:
えっ、そうだったのですか・・・小林さんのヴォコーダー・ヴォイスってとても印象に残ります。
音楽活動はどのようなきっかけで始めたのですか?

オイラが中学生の頃、ちょうどバンドブームがありまして。イカ天を見てこれだ!と。

ガイド:
イカ天は関西やっていなかったのです・・・
戸田さんとは、どのようなきっかけで一緒にやることになったのでしょうか?

小林:
何度が対バンで顔は合わせてたんですが、見るたびにいい曲作るなーと思ってたんです。この人の作る曲を歌う人になりたいという思いが強くなり、結果ヴォーカルの彼をシンセで誘いました(笑)。

芯は歌謡曲


ガイド:
FLOPPYとしてやる時は、これにはこだわるみたいなのはあるのでしょうか?

小林:
伝えたいのは、いいメロディというか日本人が好む歌謡曲的なメロディですね。テクノという手法を使ってますけど、芯にあるのは歌謡曲というか。

全曲シングルのつもりで


ガイド:
分かります!
FLOPPYとしては、限定発売も含めて以下のリリースをされていますが・・・

■『FLOPPY』(2005年)
■『素敵MAXI』(2006年)※販売終了
Sine Wave Orchestra
■『Sine Wave Orchestra』(2007年)

low-bit Disco
■『low-bit Disco』(2008年)※販売終了

everything
■『everything』(2009年)※ライヴ会場およびSHOP MECANO限定販売

スローモーション
■『スローモーション』(2009年)※ライヴ会場およびSHOP MECANO限定販売

新作『Deus ex machina』を制作するにあたって、何かテーマはあったのでしょうか?
amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
Deus ex machina
01. EX MACHINA
02. ヤダもん
03. everything
04. 紙飛行機
05. 雪月花
06. スローモーション
07. デウスエクスマキナ
08. バイク
09. VOID


小林:
曲作りの時に「全曲シングルのつもりで」をテーマに作りました。なので、特に今回は歌ものの占める割合が多かったですね。