週刊現代~2009年に消える芸能人

先生:
今回のテーマは「雑誌評論分析」。Perfumeが紅白に出場し、世間の人々に知られるようになるに従い、一般誌のネタになる事も増えてきました。
今回、最初に取り上げるのは・・・
「週刊現代」1月24日号
●今井舞「2009年に消える芸能人の筆頭はPerfumeとDAIGO」


ここは我々の分析能力を結集して、文化的レベルの高い対談としたいものです。

博士、「週刊現代」のPerfume記事は、博士のお母さんが教えてくれたんですよね。

博士:
朝起きたら、新聞の「週刊現代」の広告ににマーキングしてありました

先生:
確かに、マーキングは「2009年に消える芸能人の筆頭はPerfumeとDAIGO」の「PerfumeとDAIGO」の部分にピンクの蛍光マーカーでしてありますね。お母さん、竹下首相以来のDAIGOのファンじゃないですか? 記事を読みましたが、130字足らずの希薄な内容でしたね。

博士:
“自信をもって消える”と断言していますよ。

先生:
別にPerfumeもDAIGOも絶対に消えないと断言するつもりもないですが、その論拠は“一発屋然とした佇まい”という筆者の感覚だけで残念ですね。

博士:
馬鹿トークが面白いタレントくらいの認識なんだろうか?

先生:
そして、お決まりの“男性のオタクにウケました”とか、見事に表層1ミクロンだけの捉え方をしていますね。