堀江由衣

バニラソルト
関テレ系の音楽番組「ミュージャック」の鹿野淳のコーナー「鹿の穴」で、Aira Mitsukiちゃんを「一人Perfume」と例えていましたが、それには異論があります。一人Perfumeというなら、一人で三人の役割とちゃんと果たすべきです。で、本当に一人Perfumeをやっちゃったのが、声優の堀江由衣。7枚目のシングル『バニラソルト』は、Perfume祭。編曲が、ポスカのCMもやっている中塚武(元キップソーン)という力の入れよう。これって、オリコン週間ランキングで、7位まで行っているのですよね。意外と、アニソンって売れるもんだなぁと感心します。

歌詞は、初期Perfumeを思わせる、食べ物系。サビから始まり、Aメロあたりが、ほぼ「コンピューターシティ」。問題はPVです。堀江ちゃん、パッツンのかしゆか、パーマのあ~ちゃん、ショートボブののっちと、確信犯的に全て一人でPerfumeを演じきっています。かしゆかが、一番似合っていると思います。