以前、博士との「Perfume対談~なりきりファッション講座」で以下の呼びかけをしました。

先生:
Perfumeのライヴに行くと、数は少ないですが、Perfumeファッションの女の子を見かけますね。

博士:
偽かしゆかちゃんですね。 ぜひ、名乗り出て欲しいですね。

先生:
名乗り出てくれたら、インタヴューしたいです。


これを読んだ偽かしゆかちゃんの身内の告発により、偽かしゆかちゃんは今回のインタヴューに登場することになりました。

では、インタヴュー始めましょう。

愛称は?

先生:
かしゆかさん、はじめまして。いや、偽かしゆかさんと失礼なことを言ってしまい申し訳ございません。でも、偽=フェイクというのは、「やってくれましたね!」ってという僕たちなりのほめ言葉でもあるんです。さて、今日のインタヴューでは、どう呼ばせていただくのがいいでしょうか?
インタヴュー風景


偽かしゆか:
ちなつという名前なんですが、友だちは面白がってちなゆかと呼びます。でも、そんな名前だと、かしゆかちゃんのファンに申し訳ないです。

先生:
じゃ、ちなゆかさんって呼びますね。今日は、なりきりかしゆかファッション講座です!

ちなゆか:
はい(しぶしぶ)。

Perfumeとの出会い

先生:
Perfumeを知ったきっかけは何なのでしょうか?

ちなゆか:
去年の2007年6月に友人のテクノ系ミュージシャン(男性)から、酔った勢いでPerfumeの『パーフェクトスターパーフェクトスタイル』を見させたれたのがきっかけです。「かなりいい感じのアイドルがいるで」とニヤニヤしながら話すその友人の言葉に、当初は気持ち悪いと思ったのもつかの間、そのキラキラでキャッチーな3人に一目惚れしてしまい、その晩は、そのままPerfume大宴会に発展、その一週間後には『Complete Best』『Fan Service [bitter] (初回版)』『Fan Service [sweet] (初回版)』を購入しました。
『bitter』を持ってまーす


先生:
ボクがここ半年くらい大阪で行ったPerfumeライヴではいつもお見かけしたような気がしますが、今まで行ったPerfumeのライヴは?

ちなゆか:
2007年 8月サマーソニック大阪
2007年 11月大阪MUSE
2007年 12月カウントダウン大阪
2008年 4月ZEPP OSAKA

・・・計4回ですね。

先生:
サマソニにも参加されていたんですね! 気づきませんでした。

ちなゆか:
サマソニは普通の格好で行きましたから・・・。
2007年9月の福島セカンドラインはライヴ情報を見落として行けませんでした。

先生:
急遽決定した対バンとの関連性が一向に不明だったらライヴですね。あれは、まだブレイクとまで行っていなかったので、チケ入手は簡単でしたよ。

ちなゆか:
!!そうだったんですね…ライヴの2日後に気づいて、とてもがっかりしてたんです。