裏YMOカヴァー

YMOのカヴァー曲やYMOがカヴァーした曲などを現在まで特集してきましたが、今回は裏YMOカヴァーをハイライトします。裏YMOカヴァーとは、YMOのメンバーが他のアーティストのために作った曲をカヴァーしたものです。80年代、テクノポップと並んで、テクノ歌謡というものが生まれましたが、YMOのメンバーの手がけたものにはテクノ歌謡と分類されるものも多いわけです。

細野晴臣トリビュート・アルバム

ちょうど時期的にもどんぴしゃで、4月25日に『細野晴臣トリビュート・アルバム- Tribute to Haruomi Hosono -』がリリースされます。リリース元は、教授が中心となってavex傘下に設立したビジネス50、アート50の理想のバランスを目指した新レーベル、commmons("m"が三つ並んでいますが、スペルミスではありません)です。

細野本人も含めYMOのメンバーも参加していますが、新旧取り混ぜた前代未聞の豪華な布陣です。旧という以上に超大御所と言うべき人たちも居ますね。YMO、はっぴいえんど、細野ソロ以外にも、ここで言う裏YMOカヴァーもあります。こうしてカヴァーを聴いてみると、時代もジャンルも多様性に富んでいますが、細野ならではのダンディズムとエキゾチズムの遺伝子を感じます。また、今回の企画一度では収まりきらなかったようで、Part IIも予定されているみたいです。

amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
細野晴臣トリビュート・アルバム
Disc 1:
01.細野晴臣:ろっかばいまいべいびい- Piano Demo ver.-
02.ヴァン・ダイク・パークス:イエロー・マジック・カーニバル
03.坂本龍一 + 嶺川貴子:風の谷のナウシカ
04.コシミハル:わがままな片想い
05.リトル・クリーチャーズ:ハイスクール・ララバイ
06.東京スカパラダイスオーケストラ:アブソリュート・エゴ・ダンス
07.高野寛 + 原田郁子:終りの季節
08.miroque:Omukae De Gonsu
09.テイ・トウワ + ナチュラル・カラミティ:ハニー・ムーン
10.□□□(クチロロ):北京ダック
11.ワールドスタンダード + 小池光子:三時の子守唄

Disc 2:
01.ヤノカミ(矢野顕子×レイ・ハラカミ):恋は桃色
02.高橋幸宏:スポーツマン
03.畠山美由紀 + 林夕紀子 + Bophana:ミッドナイト・トレイン
04.コーネリアス + 坂本龍一:Turn Turn
05.といぼっくす:銀河鉄道の夜
06.ウッドストック・ヴェッツ(ジョン・サイモン、ジョン・セバスチャン、ジェフ・マルダー & ガース・ハドソン他):蝶々さん
07.ヴァガボンド + 片寄明人:ブラック・ピーナッツ
08.たまきあや + 谷口崇 + ヤマサキテツヤ:風をあつめて
09.サケロックオールスターズ + 寺尾紗穂:日本の人
10.ジム・オルーク + カヒミ・カリィ:風来坊
11.細野晴臣:Humming Blues -Demo ver.-