テクノ御三家

日本人は御三家が好きです。日本のテクノ御三家と言えば、P-MODEL、ヒカシュー、プラスチックスとされていますが、YMOが入っていないので多少違和感があります。世界レベルでテクノ御三家と言えば、クラフトワーク(ドイツ)、YMO(日本)、そしてTELEX(ベルギー)だと言い切りたいです。5つ選んで良いのなら、バグルズ(イギリス)とDEVO(アメリカ)を加えたいと思います。

さて、突然、18年ぶりに、新譜『How Do You Dance?』を2月末に発表したTELEXについて解説します。彼らによると、決して解散したわけでなく、単にレコードを作っていなかっただけとの事です。

TELEXの3人のオッサンたち

■マーク・ムーラン(Marc Moulin)
ジャズ・ピアニストでもあります。61年にピアニストとしてやり始めたとありますから、皆さんかなりのお年でしょう。TELEXでは作曲・編曲を担当し、ベルギーのラジオ局のプロデューサー、レコードコレクターでもあります。フランスのテクノアイドル、LIOの仕掛け人でもあります。

■ミッシェル・モース(Michel Moers)
髭のオッサン。グラフィック・デザイナー、建築家でアルバム『SEX』以降のジャケも手がけています。TELEXではヴォーカル担当。

■ダン・ラックスマン(Dan Lacksman)
太目のオッサン。ブリュッセルのSYN-SOUNDスタジオを経営するサウンドエンジニア。そして、TELEXのリーダーでもあります。Deep Forestのプロデューサーとしても知られる。

テクノ革命

テクノ革命
TELEXの記念すべきデビュー・アルバム『Looking For Saint-Tropeze』は1979年にリリースされます。アルファからも日本盤が出ましたが、邦題はずばり「テクノ革命」! 今、クラブでかけても全然OKな彼らの代表曲が、「Moskow Diskow」が収録されています。馬の蹄音を聞けば、YMOの「Rydeen」を思い出しますよね。汽車の音を聴けば、「Moskow Diskow」なわけです。

TELEXはカヴァーをけっこうやるのですが、一様に原曲を解体し、TELEXの様式美によりテクノ化されています。このアルバムに収録の「Rock Around The Clock」はその代表です。他、Les Chats Sauvagesというフランスのロックバンドの「Twist A St Tropez」なんかもカヴァーしています。

その後のオリジナル・アルバム

Sex
Neurovision
その後、『Neurovision』(1980年)、『Sex』(1981年)〔イギリスでは『Birds & Bees』というタイトルに改変〕、『Wonderful World』(1984年)、『Looney Tunes』(1988年)とリリースされていきます。オリジナルとは位置づけられませんが、『Les Rythmes Automatiques』が1989年に過去の曲の再録としてリリースされています。

Looney Tunes
Wonderful World


Belgium..One Point
CD4枚からなる『Belgium..One Point』(1993年)を買えば、全てのオリジナル・リリース+レア・トラックが手に入ります。