去年のクリスマスイヴの事です、スーザンさんが僕の私設サイトのBBSに書き込んでくれたのは。「えっ、本当に本人?」というのが最初のリアクションだったのですが、ご本人でした。1月末になってから、スーザンさんから公式ページが開設されたご報告をいただき、思わず「インタヴューさせてください!」とお願いしたところ、快諾をしていただき、今回の貴重なインタヴューが都内某所で実現したのです。

スーザン・ノザキとしてデビュー

photo by M.kenjiro
――こうして直接お話できる機会があるとは夢に思いませんでした本当にありがとうございます。では、時系列でお話しを伺いたいと思います。芸能界という言い方がいいのか分かりませんが、芸能界に最初に足を踏み入れたきっかけとは何だったのでしょう?

本当のきっかけはスカウトですね。当時、渡辺プロのスクールに入ったんです。

――スカウトされる前にですか?

スカウトされる前にですね。そこで、シルヴィー・バルタンためにフランスに送るデモテープをとるのに私が歌ったのです。その時にいろいろな話があったようですが・・・ハーフの人ばかりのグループとかデビューしているんですよ。

――ゴールデン・ハーフとか?

はい、そこのグループとかにも入っていた可能性があったんですが・・・でも、そうじゃなくて一人でデビューさせたいということで。

――Epic Sonyよりスーザンとしてデビューする前に、キング・レコードからスーザン・ノザキとしてデビューされていますね。

本名ね(笑)。

『おんなの時間』
――『おんなの時間』(1971年)と『愛の円舞曲』(197?年)という2枚のシングルをリリースされていますね。

デビューはシルヴィー・バルタンと同タイトルだった『おんなの時間』ですが、もう一枚あるんです。『いそがなくっちゃ』というシングルです。

――えっー、それは知りませんでした! 「愛の円舞曲」でヤマハが主催していた「合歓ポピュラーフェスティバル'71」にエントリーされて、入賞および新人賞も受賞されたのですよね。

その年は、六文銭が世界歌謡際に行かれたんですよね。その時にサンディーが世界歌謡祭に出てたのです。

――まだ苗字がついていた頃の?

サンディー・アイと言っていた頃。

――じゃ、スーザンさんは、このフェスティバル以前にデビューされていたんですね。

はい、「夜のヒットスタジオ」とかのTV歌番組にも出ていました。

amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)
――「おんなの時間」は渡辺プロ関連のディープ・ソウル歌謡系のオムニバス・アルバム『groovy sexy & ecstasy』(1999年;残念ながら現在廃盤)にも収録されてますが、ご存知でしたか?

(愕)私が歌っている「おんなの時間」? それは初耳です。ディープ・ソウルと言われても・・・素直に歌っていました(笑)。

――シングル『おんなの時間』のレーベル面を見ると「スーザン・ウッド」の「ウッド」がマジックで消されていて、上から手書きで「ノザキ」と書かれているとの報告が友人の荒君からあったのですが、その謎は?

やめたからですね(笑)。私の本当の父は、リンドバーグっていうのですが、日本人のお父さんが育ててくれたのです。そのお父さんは森さん(=ウッド)なんです。