amazon.co.jpにあるCDは、ジャケ写からリンクできます。
(amazon.co.jpにない場合、海外のamazonや他の通販サイトへ)

「♥(ハートマーク)」にすると文字制限数オーヴァーになっちゃうんで、「★」になりました。アイドル特集GO-GO-GO!

「オースティン・パワーズ ゴールドメンバー」のサントラで、オッパイ銃弾で攻撃していたブリトニー・スピアーズのシングル『BOYS』(2002年)です。日本盤はギラギラなのですが、こちらはイギリス盤。

プロモ・ヴィデオでは、セクシー指数99%のシングル『I Am A Slave 4 U』(2001年)。このタイトルは、プリンスがよく使う英語表現ですね。この股上が短いジーンズ(通称、半ケツ・ジーンズ)、ブリトニーのトレードマークですが、日本でもよく見かけますね。でも、普通のパンツはくのは止めましょう。

メキシコが生んだラテン版カイリー・ミノーグのようなパウリナ・ルビオのアルバム『Border Girl』(2002年)です。ブリトニーのジャケを意識したのでしょうか。でも短パンのようです。31歳の大人の色気を感じます。

10月25日に発売となるクリティーナ・アギレラの3年ぶりのアルバム『Stripped』(2002年)。タイトルに相応しいジャケで好感度大。このアルバムにも収録のヒップホップ色の強い『DIRRTY』のプロモ・ヴィデオでは、アギレラちゃんは、ブリトニーの『I Am A Slave 4 U』に負けないセクシーダンスをリングで披露しています。

R&B部門のアーリアのシングル『More Than A Woman』(2002年)もさらにセクシー度の高い同類ジャケ。事故死してしまったのは、悲しい。