日本にエレキブームを巻き起こしたザ・ベンチャーズ


プレスリーやチャック・ベリーが創り出し、広めたロックンロールが定着した後、60年代から70年代にかけて、日本ではエレキブームが巻き起こった。当時、“エレキを持つと不良になる”などと言って、ロックやエレキギターを毛嫌いした大人たちもいたようだが、とにかく若者の間ではエレキギターが爆発的な人気で、社会現象となっていたようだ。かの加山雄三氏の“若大将シリーズ”も、1965年の6作目では「エレキの若大将」というタイトルでエレキブームを取り上げていた。当時の日本のトップギタリスト、寺内タケシ氏も出演したこの映画では、“勝ち抜きエレキ合戦”を戦うというストーリーで、当時の熱狂ぶりが描かれている。

そのエレキブームを日本に起こしたのは、ザ・ベンチャーズだ。50年代の終わりに結成されたベンチャーズは、何度も来日公演を行なって、日本で高い人気を獲得していた。エレキギターを前面に出し、インストゥルメンタルを主体とするユニークなスタイルは、当時の日本の若者たちにとって斬新だっただろう。それまではあくまで伴奏だったエレキギターが完全な主役となったバンドの登場により、楽器のカッコよさがストレートに伝わって、エレキブームに火がついたのだろう。

ベンチャーズは、日本では今でも人気が高い。特徴的なあのテケテケサウンドが強烈なインパクトを持っていたこともそうだが、明るく軽快なサウンドの中に、ちょっとした哀愁、泣きの要素を隠し持ったメロディラインが、日本人の琴線に触れたのだろう。実はベンチャーズの楽曲に日本語の歌詞をつけた歌謡曲も、数多くヒットしている。渚ゆう子の「京都の恋」や欧陽菲菲の「雨の御堂筋」がそれである。ベンチャーズのサウンドは、昭和の歌謡曲にもマッチするサウンドだったのだ。

『ザ・ベンチャーズ コンプリート・ライヴ・イン・ジャパン’65』
日本でのエレキブームの火元となったライヴがよみがえる『ザ・ベンチャーズ コンプリート・ライヴ・イン・ジャパン’65』
ザ・ベンチャーズが日本で爆発的な人気を獲得したのは、オリジナルメンバーのドン・ウィルソン、ボブ・ボーグル、歴代メンバーの中でもっとも有名なリードギタリストのノーキー・エドワーズ、そしてメル・テイラーの4人で行なった、1965年の来日公演がきっかけだと言われているが、その65年の来日公演を収録したライヴ盤が、CDになって再び発売されている。『ザ・ベンチャーズ コンプリート・ライヴ・イン・ジャパン’65』がそれだ。「10番街の殺人」、「ウォーク・ドント・ラン」、「ダイアモンド・ヘッド」、そして最後の「キャラヴァン」まで、メンバーはいずれも当時30歳前後でもっとも脂が乗っていて、バンドの勢いも急上昇している時期の貴重なライヴが聴けるのだ。あの時見逃した年配のリスナーにはぜひ聴いてもらいたい1枚だ。このライヴには司会者がいたのだが、そのMCまで収録されている。これを聴けば、当時の雰囲気がリアルによみがえってくることうけあいだ。


【関連リンク】
エルヴィス・プレスリー公式サイト(英語)
チャック・ベリー公式サイト(英語)
ザ・ベンチャーズ公式サイト(英語)


■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。