1983年に発売されたマイケル・ジャクソンの『スリラー』は、グルーヴィなサウンドと、衝撃的なプロモーションビデオで爆発的なヒットとなった作品。発売から25年が経過した今も売れ続けている、まさにモンスターアルバムだ。そして今年、『スリラー』25周年の記念盤が登場。さっそく“デラックス・エディション”のほうを購入してみた。

豪華な作りの25周年記念盤


スリラー25
豪華な作りの25周年記念盤『スリラー25周年記念リミテッド・デラックス・エディション』
『スリラー25周年記念リミテッド・デラックス・エディション』は、基本的にはオリジナルの『スリラー』に未発表曲、ボーナストラックなどを追加したCDとDVDのセットだ。しかしその作りはなんともゴージャスだ。まずケースは、一般的なプラケースではなく、フルカラー48ページのブックレットと一体になったユニークなもの。まるでハードカバーの絵本のような豪華な作りなのだ。その表紙と裏表紙の裏に、それぞれCDとDVDが入っているのだが、両ディスクとも半透明の袋に入れられ、表紙裏のポケットに差し込まれているという凝った方法になっていて、まるで昔のLPのような印象だ。ジャケットは裏表紙側がオリジナルのジャケットデザインだが、表紙側はあの印象的なビデオのゾンビとマイケルが描かれたイラストに、ホログラフィック処理が施されたものになっている。ゴージャスだけれどちょっぴりB級ホラーっぽい、そんなところもあのビデオのイメージそのものだ。

ブックレットの中身もとてもきれいだ。「スリラー」のビデオのいろいろなシーンが中心だが、マイケルのポートレートも多数、そしてこのアルバムからカットされたシングルのジャケットを並べたページなどもあって、マイケルの顔もずいぶん変わったなぁ、などと思ってしまう人もいるかもしれない。

今回新たに追加されたトラックは7曲。ウィル・アイ・アム、ファーギー、エイコン、カニエ・ウェストといったヒップホップ界のスターが参加したリミックスバージョンと、2曲の未発表曲だ。リミックスバージョンの5曲は、おそらく賛否両論を呼ぶかもしれない。なにしろオリジナルがこれ以上ないほどの完成度なのだから、それを超えるのは難しいハズだ。しかしそれを抜きにすれば、なかなか面白いリミックスに仕上がっている。そして未発表曲は『スリラー』制作時のアウトテイクだということだ。「フォー・オール・タイム」が「ヒューマン・ネイチャー」に通じるようなバラード、日本盤ボーナストラックの「ガット・ザ・ホット」は「オフ・ザ・ウォール」に似た雰囲気のグルーヴィなナンバー。いずれも当時のマイケルらしいサウンドなのがうれしいところだ。