ジャズ界には都市伝説がいっぱい?

某局の深夜番組で火がついた「都市伝説」ブーム。ジャズ界には昔から多くの都市伝説が存在します。あなたも良く知るあのミュージシャンにもこんな都市伝説が……有名なものからそうでもないものまで、ジャズの歴史を彩る都市伝説を集めてみました。

マイルスとモンク クリスマスセッションの伝説


マイルス・デイヴィス『バグス・グルーヴ』
マイルス・デイヴィス『バグス・グルーヴ』
1954年12月24日のマラソン・セッションでのタイトルチューン「バグス・グルーヴ」が有名な本作。マイルス・デイヴィス (tp), パーシー・ヒース (b), ケニー・クラーク (ds), ミルト・ジャクソン (vib), セロニアス・モンク (p)という布陣は当時もっとも豪華なメンバーといえるだろう。
初っ端は、おそらくジャズ界一有名な都市伝説。マイルス・ディヴィスがプレスティッジレーベルで行った1954年12月24日の録音で起こりました。このセッションは「クリスマス・セッション」という異名がついており、録音された音源は『バグス・グルーヴ』と『マイルス・デイビス・アンド・ザ・モダン・ジャズ・ジャイアンツ』に収録されています。

当日、スタジオに集まったメンバーはマイルス・デイヴィス (tp), ミルト・ジャクソン (vib), セロニアス・モンク (p), パーシー・ヒース (b), ケニー・クラーク(ds)。ビバップからハードバップへの移行期であったジャズシーンを支えていた錚々たるメンバー。

年齢的にはもっとも若手だったマイルスがこの日のセッションリーダー。1曲目「ベムシャ・スウィング」の録音が終わったあと、事件は起こりました。
次ページでは、クリスマス・セッションの伝説を紹介!