三島由紀夫の傑作戯曲

裸の王様
鹿鳴館──。むかーし、昔、学生時代の授業で耳にした覚えがあるのではないでしょうか。明治時代の西欧化を象徴する「鹿鳴館」は、1883年に明治政府によって建てられ、海外からの賓客をもてなす社交場として栄えました。

その『鹿鳴館』を題材に、文学座のために三島由紀夫が書き下ろした同名戯曲は、文体の美しさでも知られている作品で、86年には市川崑監督により映画化もされています。この三島の傑作を三島の親友であった浅利慶太が演出。2006年1月に初演された舞台は多方面から好評を博し、10月20日から、東京・浜松町の自由劇場で再び幕を開けました。

鹿鳴館に渦巻く愛憎が生む「悲劇」

裸の王様
三島の一文字たりとも無駄がない、きらびやかな鹿鳴館に渦巻く愛憎や欺瞞を描いた悲劇を、浅利慶太が渾身を込めて丁寧に演出します。客席数約500席の「自由劇場」という濃密な空間で、美しい日本語に酔いしれてみませんか。