悲しい。悲しすぎる!だからこそ観たい!



12月の歌舞伎座の演目から一幕、ご紹介します。
昼の部は『鎌倉三代記』、通称「鎌三」。これは義太夫狂言で、家康の大坂城攻めと真田幸村の物語を、鎌倉時代に置き換えたもの。
そして玉三郎さんが鬼女となる『信濃路紅葉鬼揃』や、勘三郎さんが新たな演出も含めて初挑戦する『水天宮利生深川』。

夜の部 三津五郎さんと橋之助さんの常磐津の舞踊『粟餅』も、そして、12月出演の役者がずらりと豪華に顔を揃える注目の有吉佐和子作『ふるあめりかに袖はぬらさじ』も見どころ満載です!

ですが、ここはあえて、初めて観る方のために、上演頻度の高い、そして歌舞伎の時代ものの傑作中の傑作『寺子屋』について、「ここを楽しもう」というポイントをご紹介します。

は、早く観たい!12月歌舞伎座。


詳細はココ