“高学歴”なのに芸人?

画像の代替テキスト
京大芸人 (単行本) 菅広文(著)
※ロザン・宇治原史規の相方にして大親友の菅広文による自伝的小説。笑いながらも感動してしまいます。
相変わらずの高い人気を誇る民放各局のクイズ番組。最近目立ってきたのが、いわゆる高学歴芸人の存在です。何を持って高学歴と呼ぶのか、線引きが難しい気もしますが、そんな心配無用なほどの高学歴芸人が、漫才コンビ・ロザンの宇治原史規です。

京都大学法学部卒という輝かしい経歴を持つ彼は、誰も異論を挟むことのできない正真正銘の高学歴芸人です。しかも今でも日々の勉強を欠かせていないという努力面でも他の芸人を圧倒。「熱血!平成教育学院」「クイズプレゼンバラエティー Qさま!!」など数々のクイズ番組から引っ張りダコの人気ぶりです。

ロザン結成から10年以上のキャリアを持つ中堅であり、当初から地元関西では、宇治原の高学歴は漫才やトークの中でネタにされてきましたが、意外にも全国ネットのクイズ番組で活躍するようになったのはここ1、2年のこと。なぜ、こうしたタイムラグが生まれたのか?

クイズが高学歴芸人を求めた理由

もともとクイズ番組にお笑い芸人が出演するのは、そう珍しいことじゃない。そこでの芸人の役割は、次々に珍答を繰り出して、笑いを生み出すこと。しかし、視聴者がクイズに真剣さを求めている傾向が判明すると、芸人もボケを封印させられてしまう。そこで正解率の低い芸人に代わって台頭してきたのが、いわゆる高学歴タレントです。

その一環として、登場したのがロザン宇治原。確か「平成教育学院」が全国ネットのクイズ番組デビューだったかと。関西ではレギュラーも持ち、一時はアイドル的人気も高かったロザンですが、東京進出は考えてなかったのか、全国的知名度はいまひとつでした。

にもかかわらず、のっけから驚異的な正解率の高さを発揮。しかも芸人としてのコメントやリアクションの良さが、たちまち好感を持たれました。他のクイズ番組でもゲスト出演が増え、今も大阪に拠点を置いたまま、全国区でのブレイクを果たしたのでした。

そこに突然、ライバル出現!?