きびきびと動く姿が“まるで軍隊の人みたい...”と“ぐんちゃん”、また“とんみちゃん”の愛称で親しまれた雪組トップ娘役・月影 瞳さんが、2月11日、東京宝塚劇場公演 『愛 燃える』—呉王夫差— 『Rose Garden』にて宝塚歌劇団を退団しました。
また同公演で愛田芽久さん、蒼海拓さん、故坂本九さんと柏木由紀子さんの二女・舞坂ゆき子さんも退団しました。

月影 瞳さんは——
1990年花組公演『ベルサイユのばら』で初舞台。
1991年花組に配属。
1992年『ドニエプルの赤い罌粟』(バウホール公演)『スパルタカス』(新人公演)でヒロインに抜擢。この時わずか研2。
その後バウホール公演&新人公演で、何度もヒロインを演じています。

1994年星組に組替え。ここでもヒロイン歴を更新。
そして1997年『誠の群像』『魅惑?』にて星組トップスター・麻路さきさんの相手役に。
星組トップ娘役としてはこの公演のみで、同年雪組に組替え。

1997年『春櫻賦』『LET'S JAZZ』にて雪組トップスター・轟 悠さんの相手役に。
雪組トップ娘役......これが月影さんの宝塚で与えられた最後の役目。
池田銀行のイメージガールも長年務めました。

主な作品——『浅茅が宿』の宮木/眞女児、『凍てついた明日』のポニー、『再会』のサンドリーヌ、『凱旋門』のジョアン......『Over The Moon—月影 瞳クロニクル』のグレイス......

余談ですが、月影さんの学年(76期生)からは、4人もの娘役トップが誕生しています。純名里沙さん(花組)、風花 舞さん(月組)、星奈優里さん(星組)そして月影さん。これはスゴイ!