さまざまなドラマ情報を週刊でお送りします。

・「『花より男子2(リターンズ)』は出演者の交代なし」
 「釈由美子、少女コミックの花園に」
 「米倉涼子、悪女からストーカーに」
 はこの下

・「オカンともこみちと、時々……」
 「西田敏行が華丸大吉じゃなくて福丸大吉」
 「7代目金さんにマツケン」
 は2ページ目

・「究極の料理を求め続けて24年」
 「金田一耕助といえばどの人?」
 「『和田アキ子殺人事件』」
 は3ページ目


『花より男子2(リターンズ)』は出演者の交代なし

来年1月からのTBS系金曜ドラマ『花より男子2(リターンズ)』の詳細が発表に。

レギュラー出演者は牧野つくしの井上真央、F4の松本潤、小栗旬、松田翔太、阿部力を筆頭に見事なまでに前シリーズと同じ。ちょっと違うのは三条桜子役の佐藤めぐみが友情出演になるぐらい(出番が減るからでしょうか)。

新たにレギュラーとして加わるのは道明寺司の婚約者・大河原滋(しげる)役の加藤夏希、また第1話ゲストとして織部順平役の生田斗真。

第1話は11月下旬から9日間、つくしと道明寺の再会を収録するしたニューヨークロケを含む2時間15分のスペシャル。


釈由美子、少女コミックの花園に

来年1月からのフジテレビ系火曜22時枠は釈由美子主演の『ヒミツの花園(仮)』。テレビ朝日系では『スカイハイ』や『7人の女弁護士』などシリアス作品の主演ですが、フジ系では同じ火曜22時枠の『曲がり角の彼女』では稲森いずみ演じるヒロインのライバル、この秋の『世にも奇妙な物語』の「部長OL」は部長(伊武雅刀)と入れ替わる役とコミカルイメージがあり、今度もその発展系。

『ヒミツの花園(仮)』は少女コミック業界が舞台。園田夏世(釈)は担当していたファッション雑誌が休刊になり少女コミック雑誌に異動、人気作家・花園ゆり子の担当になるが、花園の正体は4人の兄弟の合作ペンネーム。背景画担当の長男・片岡航(堺雅人)はオクテで女性恐怖症、メーン画担当の二男・片岡修(池田鉄洋)は実は男魂漫画に憧れ、営業担当の三男・片岡智(要潤)は女性経験抱負でネタを提供、ストーリー担当の四男・片岡陽(本郷奏多)は人見知りの甘えん坊と奇人ぞろい。夏世は彼らと同居するはめに……

制作担当は『曲がり角の彼女』『アンフェア』の吉條英希P。

ところで兄弟役の要潤と本郷奏多、ドラマ版『嫌われ松子の一生』では龍洋一の少年時代と大人になってからを演じてます。似てる?


米倉涼子、悪女からストーカーに

1月からのテレビ朝日系金曜21時枠は『黒革の手帖』『けものみち』と悪女を演じてきた米倉涼子主演で、同じく松本清張原作の『わるいやつら』。
『わるいやつら』は映画で片岡孝夫(現 仁左衛門)・松坂慶子、単発ドラマで名取裕子・古谷一行、豊川悦司、十朱幸代で映像化した作品。原作の主人公は女性を食い物にする医師だが今回のドラマはそんな医師を愛してしまった看護師(米倉)が主人公。愛しすぎたためストーカー化し殺人までおかしてしまうことに。

医師役には上川隆也。

制作担当は『黒革の手帖』『けものみち』と同じ内山聖子P。また松本清張原作シリーズ三部作の最終作となるとのこと。

次も新連ドラの話題、月9にナショナル劇場にテレビ朝日・東映の時代劇の新作は?