吉岡秀隆と内田有紀の離婚が発表されました。二人は『北の国から 2002遺言』で共演しドラマ中で結婚、交際が明らかになったのはドラマ放送前の7月、9月にドラマが放送され、12月には結婚という急進展ぶりでした。


予想?はあたった


さてこの離婚、芸能ジャーナリズム的にはたぶんノーマークだったと思うのですが、結婚直後のガイド記事「結婚しても人気を落とさない方法」で予想、とまではいきませんが可能性に言及しています。

「人気を落とさない方法」とは「人気ドラマで恋人同士を演じて、その熱気がさめやらないうちに実生活で結婚する」ことで、そうすれば世間はドラマの役柄の続きで実生活も見てくれるのでイメージダウンしません。

問題はそこであげた事例で『二丁目三番地』放送中から婚約した浅丘ルリ子/石坂浩二と『男女7人夏・秋物語』で共演し、それと同じスタッフで作られた映画『いこかもどろか』後に結婚した明石家さんま/大竹しのぶ。

二組とも離婚しているんですねぇ。

さて「ドラマの勢いで結婚してはいけない」のか?詳しく検証してみましょう。


ドラマの勢いで結婚してしまった


まずは離婚が記憶に新しいところで渡部篤郎/村上里佳子、共演したのは93年7~9月の『湘南女子寮物語』で結婚は94年3月。
それから保阪尚希(尚輝)/高岡早紀、厳密にいうと91年に単発で共演していますが、本格的には96年7~9月の『ひと夏のプロポーズ』からで結婚は同年11月。

水谷豊/ミッキー・マッケンジーは79年の『熱中時代 刑事編』で結婚は3年後、和久井映見/萩原聖人は94年の『夏子の酒』から翌95年入籍、でいずれも離婚しています。


交際期間が長いからといって……