先週、人気女優の結婚が相次ぎました。まずは内田有紀の『北の国から』婚。これは予定通りですが、突然だったのは11日、相次いで発表された鶴田真由と本上まなみ。

ドラマガイドとして気になるのは本上まなみが今、このタイミングで結婚していいのか?ということ。

というのも、1月からNHK金曜時代劇で『人情届けます~江戸・飛脚娘』、テレビ朝日系木曜21時から『恋は戦い!』と二本主演ドラマが始まるからです。

現在、人気俳優の活動パターンはドラマで人気を獲得して、CM出演で契約金を稼ぐことです。売り出し中は今年『TRICK2』『ごくせん』『ナイトホスピタル』と三作こなした仲間由紀恵のようにでまくりますが、人気が安定するとハードワークの連続ドラマは年一本ぐらいに絞り込み、撮影が短い割には露出度が高いCMで効率的に人気を維持しつつ稼ぎます。

ドラマもCMもイメージが重要なだけに、結婚により人気が左右されるタレントの場合、出演契約に結婚禁止条項が含まれていることが一般的です。

昨年の大河『北条時宗』では和泉元彌の結婚と渡部篤郎の離婚が放送中は動けないので、終了後にあるのではないか、と噂されていましたがおめでたいほうが現実になりました。

それで本上まなみ、『恋は戦い!』の資料を見ると主役は「バツイチ」のライター、しかも実在の雑誌・Hanako編集部が舞台、そして誌上で連動企画も進行中。結婚相手が同じマガジンハウス社のブルータス誌編集者ということを考えると、結婚をあらかじめ折り込み済みのような。NHKの方はよくわかりませんが。