身の丈を超えた恋でも、手の届かない人ですきになってしまうもの。テレビドラマはそんないろいろな恋の形を教えてくれる。

困難な壁を乗り越えてきたケーススタディ。あきらめない恋愛術を学びましょう。



ケース1『101回目のプロポーズ』

チェロ奏者・矢吹薫(浅野温子)は3年前、結婚式当日に交通事故で死んだピアニストの婚約者が忘れられず独身を続けている。しかし実家の親に押し切られ、見合いを。

しかし見合い相手は今まで99回見合いして、すべて断られたという建設会社の万年係長・星野達郎(武田鉄也)。
当然、あっさり断られたけど、達郎はあきらめない。

恋人にまた死なれるのが怖い、という薫を説得するためトラックの前に飛び出し「僕は死にましぇ~ん」の名セリフを。
また、死んだ婚約者に近づくためにさわったこともなかったピアノを猛練習し「別れの曲」を弾けるようになり、とアプローチし続ける。

そんな努力が実を結び、ついに薫が達郎を受け入れたと思ったら、死んだ婚約者にそっくりの男(長谷川初範)があらわれ、100回目のプロポーズも水の泡に。

達郎はもう一度「プロポーズの資格を得るため」かつての夢であった弁護士をめざし司法試験をめざし努力するが、あえなく不合格。

職も貯金もすべてを失い、カラ元気で工事現場のバイトに向かうがそこには…


男女のレベル差 ひたむきな愛と努力は壁を越える

背が高くハンサムで洗練されたピアニストとお似合いの背が高く美人のチェリスト。対する達郎は容姿に恵まれない万年係長の冴えない中年男。恋愛におけるギャップという点では最高レベル。

しかし、このドラマで見習うべきは「押して押して押しまくる」ということではありません(それではへたするとストーカーになってしまう)。

薫に「あなたは人は変わらないって言ったわ。そんなこと絶対ないわ。人は変われるわ、変われるのよ」といわれたのに発憤して、達郎はさまざまな努力を重ねます。

そして達郎は最後に言います。「今まであまり好きになれなかった自分を大好きになれたんだ」。

自分が自分を好きになってこそ、人からも魅力を認められる。だからこそ、ひたむきにアプローチする姿が美しく、視聴者の胸をうったのだと思います。

脚本:野島伸司
演出:光野道夫、石坂理江子、林徹
制作:大多亮
出演:浅野温子、武田鉄矢、江口洋介、長谷川初範、石田ゆり子、田中律子、竹内力、浅田美代子

DVDを購入する場合はここをクリック!