さて、All About Japanを細かくみている方はお気づきかと思いますが、4月から新サービスとして「おすすめ書籍/CD/DVD」が始まっています。その名の通り、それぞれのガイドがお気に入りの書籍/CD/DVDを紹介して実際の購入までサポートできるもので、ドラマガイドとしては使えるサービスです。

そこで「おすすめ書籍/CD/DVD」を使った新企画、「DVDで選ぶXXXベスト」シリーズを始めます。その名の通り、さまざまなテーマを設定して、DVDで入手可能なドラマを選んでいくというものです。第一回のテーマは「冬ソナに負けるな!DVDで選ぶ純愛ドラマベスト3」。韓国ドラマ『冬のソナタ』が話題ですが、日本のドラマだって負けてないぞ!ということで選んでみました。



『北の国から'87 初恋』

中学3年になり機械いじりに興味を持つようになった黒板純(吉岡秀隆)は壊れた風力発電の機械をきっかけに少女・大里れい(横山めぐみ)と出会う。その後、学校からの帰り道にれいの自転車を修理、そのあといっしょに雨宿りする中で「中学卒業後に東京へでて働きながら定時制高校に通うつもり」と聞かされて、純もそうしようと決意する。

しかし父・五郎(田中邦衛)は農家同士の助け合いについて、れいの父と意見が対立しており、また五郎の誕生日に、純は修理した風力発電機で家の電気をつけてプレゼントするが、東京行きを反対されてしまう。

そんな中、霜が降りてれいの家の小豆が被害をうけ、またその騒ぎのなかれいの母が事故死してしまう…。
12月になり再会した純とれいはクリスマスの日に雨宿りした納屋であうことをやくそくするが、クリスマスの日の納屋にはれいの姿はなく…


純愛といえば、まずは初恋、初恋といえばそのまんまで『北の国から '87初恋』。

最初の連続ドラマ版、『'83冬』『'84夏』と少年期の純からみた父・五郎、そして親子関係が中心に描かれてきましたが、青年期に入り、初恋と故郷と父からの旅立ちが描かれシリーズのターニングポイントとなった作品。

『'87初恋』のイメージの象徴といったらやはり横山めぐみ・大里れい。れいちゃん役は決まっていた女優にドタキャンされ、急遽選ばれたのが横山めぐみ。いまいう美少女というのともまた違う、少年の想い出の中の少女というイメージで大正解でした。

ドラマのモチーフとして流行歌を入れるのは脚本の倉本聰の得意技ですが、『'87初恋』では流行歌とはちょっと違う尾崎豊の「I Love You」などストーリーにシンクロした歌詞もあわせて雰囲気を盛り上げます。

名シーンも続出、れいの母の事故死の後、偶然ふたりが再会したときのれいの哀しげに手を振るところ、そこで約束していたクリスマスの納屋にれいちゃんはなくただ一面の雪景色の中にれいちゃんらしき足跡が残るのみ(たぶん『冬のソナタ』はこれを見ていると思う)、トラックの運転手(古尾谷雅人)が返す五郎が苦労して工面した泥だらけの二万円などなど。

ただ『'87初恋』をみる上での最大の問題は横山めぐみを見るとついつい『真珠夫人』を思い出してしまうこと。なんとかその記憶は振り払ってください~

DVDを購入する場合はここをクリック!