<CONTENTS>
1ページ目:産まれたての赤ちゃんは視力はあるけど、発展途上
2ページ目:目で見て遊べる白黒のおもちゃ

子育て大好きパパが考えた、赤ちゃんのためのおもちゃ

発達と遊びをセットで考えて子育てするための絵本とポスター
白と黒と赤でハッキリと描かれたポスターと絵本、ノウハウの詰まったレポートの3点セット。
凝視中
赤ちゃんは、網膜に映ったモノに興味津々。
「ネクタイとっておんぶひも」
パパ大豆の「ネクタイとっておんぶひも」―「楽しむ子育て」しませんか?(柘植書房新社)¥2,100(税込)
産まれてから3ヶ月くらいの赤ちゃんは、目に見えるモノをぼんやりと感じている程度です。でも白と黒で描かれたハッキリとした形の場合は、「そこに何かあるぞ!」とモノがあることを認識してくれるのです。たった数ヶ月の間だけですが、目で見ることによって赤ちゃんの脳に刺激を与えてくれるのが今回ご紹介する「見るおもちゃ」です。

もともとはサラリーマンだったけど最愛の子どものためにおもちゃ専門店を開いたという、パパ大豆こと廣島大三さん。彼が考えた最初に触れる赤ちゃんとママパパのためのおもちゃが、「赤ちゃんとの対話が簡単に楽しめる白黒赤の絵本」なのです。コントラストの強い配色で描かれたシンプルな絵柄。実際に見せてみて、赤ちゃんの反応がいいデザインにしたとのこと。ページをめくることができない赤ちゃんのためにアコーディオン状に広げて置くこともでき、折りたたんで外出先にも持ち運べます。

この絵本の注目するところは、親が子どもへ語りかけるための細かい仕掛けがあるところです。象の鼻やウサギの耳には、指を通すことのできる穴が開いています。他に、ベビーベッドの脇に置けるポスターや、育児のアドバイス満載のレポートがついています。

ぜひ、トイ・フォー・ベイビー.comで、パパ大豆さんの情熱に触れてみてください。

<DATA>
・商品名:発達と遊びをセットで考えて子育てするための絵本とポスター(トイ・フォー・ベイビー.com)
・価格: 2,520(税込)
・備考:絵本、ポスター、レポートの3点セット
・対象年齢:0ヶ月以上
・販売店:トイ・フォー・ベイビー.comアマゾン.com

>>アコーディオン型布製絵本もお気に入り>>