「美味しく、何でも食べられる」

ペアカラー作戦の実演で作った「黄色のピーマンとコーンのクリームスープ」。ピーマンもコーンも長野でたくさん取れる野菜です。
ブレストンコートの食育講座には「美味しく、何でも食べられるようになる」という目的が掲げられています。それを実践してもらえるように梶川シェフは3つの調理ヒントを講座の中で教えてくれました。

・ペアカラー作戦
・かりかりスナック作戦
・ご当地郷土食作戦

最初のペアカラー作戦は読んで字のごとく、同じような色の食材を組み合わせることでお料理の味をより美味しくするというもの。そこで子供が苦手な食材を他の食材と一緒に調理することで「美味しくして」食べさせようという作戦です。同系色の食材を組み合わせると美味しさが増すのはホテルの厨房で長年お料理を作ってきた中でも実証済とのこと。実際、調理のデモンストレーションで紹介された「黄色のピーマンとコーンのクリームスープ」は本当に美味しくて、家に帰ってから自分でも作ってしまったほど。次のかりかりスナック作戦は子供たちがスナック類などのお菓子を食べすぎてご飯を食べないというご相談が多いことからそれであればおかずをスナック風にしてしまえ!ということでいろんなものにカリカリの衣をつけて調理するススメ。そして最後のご当地郷土食作戦はそれぞれの郷土食を活かして現代風のおかずやおやつに変身させるというもの。これはそれぞれの土地の郷土食を活用することでたくさんのメニューが考えられそうですね。

みなさんもまずはどれか一作戦、お料理の際に取り入れてみてはいかがでしょうか?

2009年は1月18日講座スタート!

こんな楽しい梶川メソッド満載のブレストンコート食育レッスン、次回は2009年1月にスタート!講座内容は

第4回「五感を育てる食育レッスン」
1月18日 オリエンテーション
1月24日 5つの感覚
2月11日 4つの基本の味
2月22日 匂いと香りを学ぶ
3月1日  一食のメニューを作る
3月22日 見た目・手触り・舌触り
4月5日 ふるさとの材料を使った料理

タイトルだけでもなんだかとっても楽しそうな講座だと思いませんか?(私が長野に住んでいたら全参加?全取材?したいところです!)なんとこの計6回分(オリエンテーションは無料)で参加費は5000円。基本は通し参加ですが、処々相談にも乗ってもらえるということなのでまずは問い合わせをしてみてください。

問い合わせ先は
ホテルブレストンコート
電話:0267-46-6200

梶川シェフへの講演・出張の依頼は
ホテルブレストンコート広報 尾川(おがわ)さん
0268-45-6082

最後に梶川シェフに今お勧めの長野の味覚について伺ってみました。

「長野はシカなどジビエが美味しいのでぜひ、堪能してもらいたいですね。それからルバーブに高原野菜でしょうか?レタスなどでも普段召し上がっているのとは新鮮さも美味しさも一味違った味を体験をしていただけると思いますよ!」

因みに東京からブレストンコートに就職した方にお話を伺ったのですが、東京にいた頃は野菜や貝など食べられないものが多く、偏食だったのが軽井沢に来てから食材が美味しいせいかいろんなものが食べられるようになって偏食が直ってしまったとのこと。もしかしたら野菜嫌いのお子さんもブレストンコートの食事を体験することで野菜の美味しさに目覚めるということがあるかもしれませんね。


<関連リンク>
ホテルブレストンコート
ホテルブレストンコート プレミアムクリスマス
星野リゾート

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。