事実と感情を聞く

「誰」「何」「どこ」「いつ」「どれ」「どんなふうに」がわかったら、次に「そのときの感情」を聞くと子どもの見えない行動が見えてきます。たとえば、いつ、どの教科をどのように勉強したかがわかったら、「それは難しかったか?」「うれしかったか?」「できずに落ち込んだか」などの感情面を聞き出します。感情を質問することで、子どもは安心感を得ます。出来事だけを質問していると、子どもは「自分に興味がない」と思い不安になります。何をやったかが気がかりで、自分には興味がないんだと無意識に思ってしまうことがあります。

また、感情と事実を結びつけることで、子どもの記憶や学習能力が向上します。強烈な感情が伴っているほど、記憶が鮮明になります。ここで1つ、あなたが数年前に感動した出来事を思い出してみてください。つぎに、10日前に食べた夕食を思い出してください。きっと、感動した出来事はいくつか思い出せたと思いますが、10日前の夕食となるとよほどのイベントでもなかったかぎり、思い出すのは難しかったのではないでしょうか。算数の問題が解けて、ほめられてうれしかったという感情が強いほど長時間、覚えていられます。

感情を聞き出す質問

どんな人もたいてい、いろいろな感情を体験したくて行動しています。1冊の本を読むのも、算数の問題を勉強するのも、海外旅行をするのも、友達と遊ぶのも、映画を観るのも、会話するのも、宿題をするのも同じです。その行動によってうれしいとか、楽しいとか、感動するとか、ときには悲しいとか、心が動くことを体験するために行動しているといえます。逆にいうと、行動に感情が伴わなければ、長続きしません。

出来事を明確に聞き出したあとは、気をつけて子どもの感情を聞き出してください。子どもの頃から行動と感情の結びつきが強くなって、心の発達や学習能力の向上に効果的です。



子育てに関する悩みがある方はこちら(※現在停止中)から、ぜひお願いいたします。「問い合わせの種類」は「その他」にチェックしていただき、「問い合わせ内容」に「相談」と最初に入れてください。なお、すべての相談にお答することができない場合もあるので、ご了承ください。



<関連リンク>
実践できる!子どもの夢を引き出す質問力(All About子育ての悩み相談)
子どもの学力を下げる親、上げる親(All About子育ての悩み相談)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。