子どものうつ病の特徴とは

子ども
子どものうつ病は大人よりも見逃されやすい
先ほど、子どものうつ病は大人のうつ病とは少し違った現れ方をするということに触れました。子どもはまだ成長段階にあり、自分の気持ちというものをうまく客観的に表現できないこともあります。

そのため、抑うつ感に悩んでいても、大人のようにいかにも抑うつ的にはならず、穏やかな表情をしていたり、少し元気がないかなという程度にしか見えないこともあるのです。

子どものうつ病は、主に体がだるくてやる気が湧かない、ご飯を食べたくない、頭やお腹が痛いなどの身体症状の訴えとなることが特徴的です。

不登校や摂食障害の陰に

子どもをめぐる社会問題としても注目される、不登校や摂食障害などの陰にも、実はうつ病が隠れていることがあります。

思春期の問題行動や不適応は、うつ病と合併していることもあるのです。しかし、問題行動を取り除くことだけに注目してしまうと、子どもは「周りがこんなに働きかけてくれるのに、自分は人に迷惑をかけるダメな人間だ」と、自分を責めてうつを進行させることにもなりかねません。

子どものうつは、家庭環境とのかかわりも大きいと言われています。環境変化や学校生活の悩みなど、なんらかのきっかけでうつ病となり、それが一見
わかりにくい形で出現するのが、子どものうつなのです。