交通事故で相手方を死亡させたり、後遺障害を負わせたりすると、相手への賠償責任が発生します。昨今では、賠償額が1億円を超える事故のケースも珍しくありません。被害者救済を第一に考え、しっかりとした補償を備えておきましょう。

自賠責に加入しているんだけど
対人賠償保険って必要なの? 

「人身事故の高額判決例」
近年では交通事故の損害額が高額になるケースも珍しくありません。任意保険の対人賠償で万全の補償を準備しておきたいものです。(出典・社団法人日本損害保険協会)

近年では交通事故の損害額が高額になるケースも珍しくありません。任意保険の対人賠償で万全の補償を準備しておきたいものです。(出典・社団法人日本損害保険協会)

事故が発生した際、あらゆるリスクに備えるのが任意の自動車保険です。なかでも最もケアが必要となるのが他人の身体への補償です。
ケガの治療費などはもちろん、相手が亡くなれば人生で得るはずだった利益や、後遺障害で家屋の改築が必要になった場合の費用なども補償しなくてはなりません。近年の主な「人身事故の高額判決例」は表の通りです。

自賠責保険だけでは心もとない……

加入が義務付けられている自賠責保険ですが、補償範囲は次の通りです。
■死亡時3000万円
■後遺障害75万円~4000万円
■傷害 120万円
いかがでしょう? 先ほどの高額判決例と比べるまでもなく、重大事故発生時には補償が不足してしまうのは目に見えています。どのような事故が起きるかは誰にも予測できません。あらゆるケースに対処するためにも任意保険の対人賠償が必要なのです。