>>雛人形についての関連記事はこちら

後悔しない雛人形選びに、重要なポイントとは?

女の子が授かったら迎える初節句。初節句につきものの雛人形はどこを見て選べばよいのでしょうか? 今回は雛人形のチェックポイントをご紹介します。

ポイント1 顔・手・足をチェック

雛人形顔1
彫り込んで胡粉を塗った職人仕事のお顔。まぶた・鼻・耳・口に注目
雛人形顔2
石膏を型抜きしたお顔の一例。耳たぶにバリが残り髪の生え際も雑。こういったつくりのお顔には中国製のものも
雛人形手1
木に胡粉を塗った手づくりの手。鋭く切り込まれ、ツヤがあります
雛人形手2
型抜きの手の一例。よく見ると毛羽立っているよう
雛人形足
お内裏様を下から見ると、ちょこんと足が。ふっくらとした靴下も履いています
まず最初にチェックしたいのは雛人形の主役、お内裏様(男雛)とお雛様(女雛)。顔を見てみましょう。大きく分けると、職人手づくりのお顔と、型から抜いたお顔の2種類があります。お内裏様とお雛様のお顔がどちらなのかをチェック。

伝統的な衣裳着人形では、職人手づくりのお顔には胡粉(ごふん)という白い貝殻の粉からつくられた顔料が塗り重ねられています。肌が光を柔らかく反射しふんわりとして見えます。口や目が鋭く切り込んであったり、髪の生え際やまゆげなどに細かい手が入っています。口の奥に歯や舌が見えるものも。歯を黒く塗る習慣「お歯黒」が見られることもあるので、お雛様の口の中をのぞいてみましょう。

一方、型から抜いたお顔は肌がてかっているように見えます。彫り込みや細かい細工が無いものもあります。木目込人形などの他の方法でつくられている雛人形の場合も、手づくりか、顔の素材は何かチェック。職人手づくりのお顔・型でつくったお顔。欲しいと思うのはどのお顔なのか、見比べてみましょう。

手や足も見ておきます。お顔が手づくりで手は型抜きという場合も。手づくりの手は指の1本1本がハッキリしています。雛人形を手に取って見ることができれば、お内裏様の足もチェック。つくり込んであるお内裏様では足を見ることもできます。目に見えにくいところにも手が入っているのが職人手仕事の証。こだわりを知りたい場合は、お人形を手に取って見てみるのもオススメ。

お雛様のお顔は様々。京雛と江戸雛で顔立ちが違います。いわゆるお公家顔が京雛、目がぱっちりして現代的な顔が江戸雛。このページの一番上の画像のお顔は京雛です。京雛を選ぶ人が多いようですが、江戸雛の顔立ちのほうがかわいくて好きという人も。また、最近人気が上がってきているのは木目込人形。愛らしい表情が好まれています。型崩れしにくいため保存がしやすく、コンパクトに簡単に飾れるのが喜ばれている理由。

好みだったから、赤ちゃんの顔に似ているから、こんな顔に育ってほしいから、そのお顔を選んだ理由はそれぞれです。

>>衣裳の差が、値段の差!?>>