自己破産はどんな仕組み?

自己破産はどういうものなのだろう。

自己破産はどういうものなのだろう。

自己破産とは、裁判所に申立てをし、免責を受けて返済を免除してもらう借金整理の方法です。借金整理には他に個人再生や任意整理、特定調停といった、整理後も返済を続ける「再建型」の方法もありますが、自己破産は唯一返済が免責される「清算型」なのです。

手続きをしただけで借金が清算できるわけではなく、「免責」というものが認められてはじめて借金がなくなります。この「免責」とは、一定の条件のもとで借金をゼロにする制度のことで、経済的再生の機会を与えるものです。

貧しく暗い生活を送るイメージがあるけれど

TVドラマや様々な情報から、破産をすると社会的に隔離された、困窮した生活を送るイメージを持つ方が多いですが、そんなことはありません。確かに財産は失うことになり、お金を貸してくれた業者などへの配当原資に充てられますが、生活に必要な家財道具などは失うことはありません。

現金は99万円以下、その他20万円以下と認められるものは保有していることができます。たとえば、車でも20万円以下と認められれば、手放さなくてもいいのです(ローンがない場合に限る)。簡単に言えば、現金を除き20万円を超える価値があるものは財産と考えられ、配当原資に充てられるということです。

そう考えると、手続きをしたからといって手放さなくてはいけないものはそう多くはありません。