プールで楽しく過ごすために

プール
人と場所にびっくりしてしまうことも?!
プールへの外出となると移動の時間が赤ちゃんにとって負担となる場合も。そういたことも考えて、早くても6~7ヶ月以降で、無理なく遊べる体力がついてから出かけるようにしましょう。

お子さんによってはお水遊びに抵抗がある子もいるので、大勢の人のいる場にびっくりしていないか?プールを怖がっていないか?不安のないように様子を見ながら進めてあげましょう。はじめはママが抱っこをして体温を感じさせてあげると、不安が和らぎ、安心してその場になじみやすくなります。プールに着いたら、まずは準備運動をして少しずつ体を慣らしていってあげましょう。

「赤ちゃんを受け入れるプールはあるの?」と不安な声も聞こえそうですがよみうりランドのプールWAIでは赤ちゃんからアンパンマンプールで遊べます。(よみうりランドプールWAI Q&A))目を離すと危ないので、必ずママが抱っこをするなど目を離さないように気をつけてあげてくださいね。最近ではこういった受け入れをしているプールも増えてきているので、お近くのプールにお問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。プールの中では水の中も安心して履ける防水オムツを活用してみてくださいね。

海はいつからOK?

海遊び
潮風の中、お散歩から慣れて行きましょう
海についてもプールと同様のことが言えますが、海は潮風や直射日光で赤ちゃんのお肌に刺激が強いことがあります。早くて7ヶ月頃から、まずは抱っこで海辺をお散歩することからはじめてみるといいでしょう。松原の見ていた子どもたちの中には2歳過ぎでも海を怖がり、なかなか浜辺に近づこうとしなかった子もいますので、個人差を受け止めながらすすめてあげましょう。このときに帽子や日焼け止めなどをお忘れなく!

ようやく慣れてきて、海で一緒に遊べるようになるのは、早い子でも1歳過ぎではないでしょうか。その際にも10~15時は日差しが強く、砂も熱くなっているのでなるべく避けるようにしましょう。海から上がったあとにはしっかりと真水で洗い、刺激の強い海水を洗い流してあげてくださいね。

赤ちゃん中心の計画を

青く広がる空を見ていると「赤ちゃんも一緒に、楽しい夏の思い出を作りたい」とワクワクする気持ちが膨らみますね。ですが、赤ちゃんはとってもデリケート。できるだけ赤ちゃんを中心に、した負担の少ない計画を立ててみてくださいね。

これからが夏本番。一緒に楽しめる小さな体験を大切にし、危険から身を守りながらも楽しい夏の思い出を作りましょう。



<関連リンク>
水の事故からわが子の命を守りましょう
子どもを水嫌いにさせないコツ!
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。