我が子の夏の体温調節、どんなコツがある?

クーラーの設定温度は28℃、除湿モードで。省エネにもなり、赤ちゃんや子供の負担にもなりにくい

クーラーの設定温度は28℃、除湿モードで

厳しい夏の暑さ。屋外ではたっぷり汗をかくけれど、エアコンの効いた室内では体が冷えやすいものです。また、意外と朝晩に冷え込んで寒暖の差が激しい日も……。

夏は普段より体温調節が難しい季節といえます。自分では体調管理ができない子供、特に赤ちゃんこそ、親が体温調節の工夫をしなければいけません。

衣服はどんなところに気をつけてあげればいいのか? 汗をかくのに伴って増えるあせもへの対処法は? 気になるポイントを整理しました。

赤ちゃんの体温調節とお世話のコツ

汗はお肌の乾燥の原因にも。赤ちゃんの汗はこまめにふき取ろう

汗はお肌の乾燥の原因にも。赤ちゃんの汗はこまめにふき取ろう

大人は成長段階で、自分で体温を外気温に合わせて調整できるようになっていきます。一方、乳幼児は体温調節の機能が発達していません。そのため、ふと目をやると頭が「汗でぐっしょり」ということもあります。

さらに、新生児から1歳くらいまでの間は、新陳代謝が活発なため、顔や体に皮脂がたまってしまいます。汗や皮脂汚れをそのまま放っておくと、乾燥してカサカサになったり、おむつかぶれや乳児特有の湿疹の原因になったり……。

夏場のお世話は、特に次の2つに注意しましょう。
  • 汗を残さずこまめにふき取っておく
  • おむつでムレたお肌もきれいにふいておく

子供の体温調節のコツ

夏の外出でも、念のため薄手のはおりものを持参すると安心

夏の外出でも、念のため着替えや薄手のはおりものを持参すると安心

朝晩、あるいは天気の良い気と悪い日の寒暖差があり、ちょっと動くだけでも汗をかいてしまうこの時期。体温調節の機能が未熟だからこそ、服装でひと工夫できます。たとえば、
  • 朝は半袖の上に長袖Tシャツ
  • 気温が上がって暑くなってきたら半袖
というように、状況に応じて着替えをするのです。

少々面倒ではありますが、汗を大量にかいたまままだと、あせもができてしまう可能性も。また、朝から涼しい格好をさせておくと、体温調節が未熟な子供は風邪を引いたりします。

衣替えのときに長袖のTシャツを何枚か残し、肌着と半袖Tシャツとを組み合わせ、気温に応じて使い分けることをオススメします(七部袖のシャツも意外と重宝)。外出する際、夜遅くなりそうな場合は、薄手のジャンパーを持ち歩くと気温の変化に対応できて安心です。

また、子供は大人よりも活動量が多く、汗っかきなため、あせもを防ぐためにもこまめに着替えをさせてあげましょう。

着替えのタイミングには、子供が「寒い」「暑い」という感覚を肌で感じられるように、ママから「今日は昼間はちょっと暑いね。でも、朝は涼しいから、半袖の上に薄手の長袖を着ておこうね」「汗をかいて気持ち悪くなったから、お着替えしようね」など、そのときの状況と着替える理由をわかりやすく話してあげます。子供の頭の中で状況判断をする・そして物事を考える練習になり、一石二鳥です。

ちなみに「あせも」とは?

大人に比べて汗をかきやすい乳幼児が特に気をつけたいのは「あせも」。あせもとは、たくさん汗をかくことで体内の汗腺が詰まったり、たまたま肌に付着していた汚れや細菌などが汗と混ざり合って炎症が起きてしまう状態をいいます。

あせもができると子供はかゆがり、かくことによってどんどん炎症がひどくなることもあるので、なるべくマメに着替えをさせてあげましょう。シャワーを浴びるように習慣づけるといつも清潔な状態でいることができ、あせもの予防が可能です。ぬるま湯でお水遊びがてら、さっぱりと洗い流してあげましょう。

以上、夏に気をつけてほしい子供の体調管理でした。ちょっとでも子供の顔色が優れない、何だか覇気がない、こんな異変に気がついたら、ゆっくり休ませて、それでもよくならない場合はお医者さんに診てもらうようにしてください。

【まだある! 夏場の育児を快適にこなすコツ】
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。