赤ちゃんがなかなか寝付かなくて困ってしまうことありませんか? なかなか寝付いてくれないけれど、だからといってどうしたらいいのかわからない……。途方に暮れてしまうこともしばしばあるかと思います。

では、そんなとき、どうしたらいいでしょうか? 今回はちょっと気分を変えて、自身も赤ちゃんもリフレッシュする外気浴・お散歩なんていかがでしょう? 隠された効果が実際あったりするのです。必要最低限のものだけ持って、赤ちゃんを連れてぜひお散歩に出てみましょう!

外気浴・お散歩の効果って、本当にあるの?

赤ちゃんがなかなか寝付かなくて困る……。そんなときこそ、外気浴
まずはじめに、外気浴・お散歩で起きる変化についてご紹介しましょう。
  • 赤ちゃんは一生懸命に目を動かすことで視覚・聴覚・皮膚感覚を使ってたくさんの刺激を受けます。そのため、私たち大人が思っている以上に体力を使い、その後はぐっすりと眠りにつきます


  • また、皮膚に日光を当てることにより、皮膚や粘膜が丈夫になり、抵抗力が高まるため、病気になりにくい体になります。


  • 起きているとき(日中)と寝ているとき(夜)のメリハリが付くようになります。こういった積み重ねは、その後、お子さんの早寝早起きのメリハリのある生活習慣を作っていくときにも役立ちます


  • お散歩・外気浴の中、「お空が青いね」「むしむし(虫)が歩いているよ」「お友達が来たね」などと、目に見えるものや感じたことを身構えずにどんどん話しかけてあげてください。それにより、子どもの中の「言葉の貯金」がどんどん増え、言葉発声に向け基礎ができます。また、親子のコミュニケーション・愛着関係にも役立ちます
大人も、ずっと家の中にいると何だか気が滅入ったり、理由もわからずなぜかイライラしたりしてしまうことがありますよね。赤ちゃんも、その気持ちは大人と変わらず大人と一緒なのです。道端に咲く花を見たり、同じようにお散歩をしている赤ちゃんとすれ違ったり、大人にとっては何気ない外の様子が、赤ちゃんにとっては生まれて初めてのことばかり。何を見ても、新鮮な刺激につながっていくのです。

>>外気浴の進め方>>