誰もが経験する


「赤ちゃんが寝てくれない!」「眠いはずのに、ぐずっていて寝ない!」という気持ちは、子育て中なら1度は、皆が経験することでしょう。私も、もちろん!経験者です(笑)

「赤ちゃんだから寝るはず」「今日は外で遊ばせたんだから!」と思っても、親の気持ち子知らず・・・といった感じで、目がパッチリ!う~ん・・・と、頭を抱えてしまうこともあるでしょう。

そんな話を聞いていくと、ある共通点が見つかりました。その共通点とは?

寝ない→イライラ=悪循環


寝てる子
天使のような寝顔♪
※( )内は、お子さんの年齢

■Aさん(男の子2歳)
「外で遊ぶことがダイスキで、朝、起きると外へ行きたがります。そのため、昼寝を!と思いますが、まったく寝てくれません・・・寝てほしいんですけどね。」

■Bさん(女の子1歳)
「一人歩きもしっかりしてきて、たくさん歩きたがります。そのため、出かけた先で疲れが出て、ウトウト。そんなに、たくさんの時間は寝ないのですが、ちょっと寝をしてしまうと、夜は、なかなか寝てくれないんです。」

■Cさん(女の子3ヶ月)
「赤ちゃんは、ミルクを飲んだら寝て・・・オムツをかえたら寝て・・・。と思っていましたが、寝てくれません。どうしてでしょう。」

■Dさん(男の子3歳)
「ほんと~~~に、じっとしていることがないくらい走り回っています。しかし・・・昼寝を、どうしてもしてくれません!少しくらい寝てほしい~!」

■Eさん(男の子1歳)
「お砂場遊びがダイスキで、雨降り以外は、ほとんど公園のお砂場へ。いっぱい遊ばせてから、帰って汚れをシャワーで落とし・・・さぁ!お昼寝!と思うのですが、なぜか・・・寝ません。かといって、夜も早く寝てくれなくって。」



5人のママさんにお話を聞きました。このお話を「そうそう!うちの子もそうなのぉ!」と思いながら、読んでいる方も多いのではないでしょうか?さて、この5人のママのお話で、ある「共通点」を見つけました。それは一体、なんでしょう。

※写真は、インタビューに答えてくれたママさんたちとは関係ありません。


>>>>>共通点とは?>>>>>