▼こちらも合わせて読んでね!
[発達・発育カレンダー0~1ヶ月]
[0~1ヶ月児のお世話ポイント]
[発達・発育カレンダー1~2ヶ月児]
[1~2ヶ月児のお世話ポイント]
[発達・発育カレンダー2~3ヶ月]



そろそろ、新しいことに赤ちゃんもチャレンジ!の時期です。さて、最初のチャレンジは何でしょう。2~3ヶ月児のお世話ポイントをまとめました!

抱っこは首を支えて!


首を支えて上げましょうね!
首がしっかりしてくる時期なので、つい首を支えないで抱っこ!なんてこともしてしまう時期です。しかし、まだ、しっかりと首がすわってはいませんので、突然の頭のグラッに対応できるよう、首は支えて抱っこしましょう。


無理な日光浴はやめましょう


日光浴は[紫外線に気をつけて]でも、お話しましたが、現在は推奨されていません。「じゃあ、外に連れ出せないの?」いえいえ、そうではないのです。無理に直射日光に当てる必要はない!ということです。

お散歩は、いっぱい出かけてくださいね♪

お散歩にでかけましょう


この時期になってくると、周囲が少しずつ見えてくるようになります。視力が成長してきているのです。そのため、ずっとベッドの上などで、天井を見ていると、飽きてグズる子もいるでしょう。起きている時間も長くなってくるので、起きている時間を利用して、お散歩に出てみましょうね。

ベビーカーも使える時期になりますので、抱っこかベビーカーで、どんどん外に出ましょう。夏は、直射日光を避けてください。可愛い帽子で、頭を保護して、日陰を選んで歩きましょう。公園などで、のんびりと外気浴&日光浴を楽しむと、赤ちゃんも喜びます。

冬は、防寒対策をしっかりとして出かけましょう。しかし、着せすぎはダメですよ!赤ちゃんの背中などに触れて、汗をかいているようであれば1枚脱がせましょう。つい、風邪をひかせないように!と厚着にしてしまいますが、赤ちゃんの様子で、上手に調節をしないと、冬なのにアセモ!ということもあります。衣類の調節は、マメにしましょうね。

チャレンジ!果汁!


みんなの食事にも興味を示すようになってくるかも!
さぁ、赤ちゃんが生まれてはじめて、ママのおっぱいやミルク以外の物を口にする時期です。おっぱい・ミルク以外の味を、知らせていくのです。これは離乳食の、前準備でもあります。そして、スプーンという異物を口にする、最初の段階でもあります。

果汁は、季節の果物を搾り、湯冷ましで薄めて飲ませます。しかし、いきなり哺乳瓶などで飲ませると、今までとの味の変化にびっくりしてしまいます。そこで、スプーンの登場です。

スプーンに、ほんとに少し(1滴でも良いですよ)果汁を載せて、赤ちゃんの口に運びます。口の中まで入れなくても、唇を刺激すると、赤ちゃんからスプーンに口を開いてくると思います。舐める程度から初めて、赤ちゃんの様子で増やしていきます。

最初は、1口で嫌がる赤ちゃんもいるでしょう。でもあせらず、のんびりすすめましょうね!なんといっても、母乳・ミルク以外にはじめて口にするものです。抵抗を見せて当然!という感じで、のんびりとやっていきましょうね。


スプーン選びにもこだわろう!


スプーンは、なんでも良いわけではありません。赤ちゃんの口に合った物を選ぶ必要があります。特に、最初に触れるスプーンは、赤ちゃんに優しく、そして、赤ちゃんに合ったものを選んであげましょう。なんといっても、赤ちゃんが、ママのおっぱい&哺乳瓶以外に触れる、はじめての物です。よい物を選んであげたいですよね!

[軽さにビックリ!離乳食スプーン]は、薄さ、スプーンの曲線など、赤ちゃんのために、たくさん考えられて作られています。そして軽いことで、ママへの負担も少ないです。素材も安心して、赤ちゃんに使えるものですよ。

便秘?


うんちが硬い!もしくは、赤ちゃんが、いきんでいるのに出ない場合は、便秘が考えられます。まずは、お腹をオヘソを中心に「の」の字に、やさしくマッサージしてあげましょう。それでもダメな場合は、肛門への刺激。我が子も、便秘でしたので、よくやりました。

肛門への刺激は、綿棒にベビーオイルなどをつけて、肛門に入れます。入れすぎに注意!1cm~2cmを差込み、やさしく出し入れをする。もしくは、グルグルとやさしく丸を描くイメージでまわしてみましょう。

綿棒入れる!ということに、抵抗のある方は、ティッシュなどで、肛門部分を軽く叩きましょう。

母乳からミルクに切り替えた!もしくは、ミルクの種類をかえた!という場合、そのミルクが合わずに便秘ということもあります。試供品などで、どのミルクが合うかやってみるのも、ひとつの方法です。どれをやってもダメな場合は、ドクターに相談してみましょう。

パパも果汁にチャレンジ?!


母乳は、パパの手の出せないものですよね。でも、果汁になったらパパの出番!首を支えるように抱っこして、スプーンで赤ちゃんの口に運んでみましょう。赤ちゃんが、チュクチュクと果汁を飲む姿は、とても可愛いです♪ママが、母乳をあげているときの気持ちが、少しわかるかもしれません。

赤ちゃんも、パパの温もりを感じ、パパという存在を知っていきます。いっぱい赤ちゃんに触れてくださいね!



★最後まで読んでくださってありがとうございます。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※乳幼児の発育には個人差があります。記事内容は全ての乳幼児への有効性を保証するものではありません。気になる徴候が見られる場合は、自己判断せず、必ず医療機関に相談してください。