巨大なジンベエザメは水ごと飲み込んだ

見るなら間近で見上げて
見るなら間近で見上げて
沖縄にまで行って潜らずになぜ水族館...とも考えました。水族館好きでジンベエザメもマンタも見たことがあるし....とも思いました。

しかし訪ねて正解。沖縄美ら海水族館。さすがです。

世界一大きなアクリル水槽で見るジンベエザメの餌付けは圧巻でした。巨体を斜めに傾けて水面付近に顔を出し、水ごと餌を飲み込むのです。

スロープ状になって、どこからもジンベエザメを眺めることができますが、水面の様子は間近でないと見えません。見るなら、ぜひ最前列近くに陣取って、上を見上げてください。

ちいさくてニョロロなチンアナゴに夢中

動画で見せられないのが残念
動画で見せられないのが残念
大きさに圧倒されるのがジンベエザメやマンタなら、愛らしさに魅了されるのがチンアナゴでしょう。

最初は、水中ミミズともおぼしきキモチワルイ生物に見えるかもしれません。しかし、よく見えれば、小さな顔がついた立派な魚なのでした。とにかく、群れなすアナゴたちの動きが面白い。

長いからだの半分を砂の中に沈めて、残った上半身?をくねくねと動かし、一瞬たりともとどまることなし。ずっと見ていても飽きないのです。

しかも、なぜか色とりどり。ボーダー柄や水玉柄のニョロニョロが水中に踊る姿が、実にキュートであります。動画でお見せできないのがつくづくザンネン。

 >>>マンタのTシャツ、チンアナゴのTシャツ