さいたま市新名所「鉄道博物館の底力」

初日は午前中で入場〆切り
初日は午前中で入場〆切り
2007年10月14日の鉄道記念日!!埼玉県さいたま市にオープンした鉄道博物館がひそかに大人気です。

10月14日の初日は、大挙して押し寄せた来場者の安全確保のため、なんとお昼前に入場制限になり、それがWebサイトの記念すべき開館初頭のニュースになったほどです。そして、開館後1週間で来場者は5万人を超えるという人気ぶり。

半ば 鉄ちゃんご用達のTV朝日タモリ倶楽部」でも2週にわたって鉄道博物館のプレビューが放映されました。それを見た人なら、鉄道ファンならずとも心躍ったはずです。かつて万世橋にあった交通博物館を楽しめた人なら、親子で、そして一人で一日中でも遊べることでしょう。


歴史的名車両からジオラマ、SL機関士体験まで

中央の転車台にはC57が
中央の転車台にはC57が
鉄道博物館の魅力は数あれど、まずは、このヒストリーゾーンで日本の鉄道史に残る名車両の数々を楽しみたいところ。ここには、明治時代初期から現代までの実物車両35両が展示されています。中には、御料車6両もあって、まさに非日常体験を味わいながら、名車両と一緒に特別な写真が撮れるはずです。

そして、交通博物館でも大人気だった巨大な鉄道模型ジオラマが、さらに大きくなって中身も充実しての復活です。直線を思う存分走るHOゲージ車両の美しさ。早朝の始発から夜行列車まで楽しめますが、やはり夜景の幻想的風景は、まさに夢のようです。

さらに、タモリさんが番組中で自宅に欲しいと言った、山手線などの運転シミュレーションも大行列です。中でも世界初のSLシミュレーションは一度味わいたい逸品アトラクション。なにしろ圧力が低下してきたらカマに石炭をくべなければならないのです。筋金入りの鉄ちゃんカシオペアのキーボード奏者向谷 実さんも制作参加したD51の音は超リアルです。


ミュージアムショップも大繁盛

お土産を買うのもタイヘン
お土産を買うのもタイヘン
万世橋のミュージアムショップも地味で味があったのですが、鉄道博物館のショップは大繁盛。 ディズニーランドやユニバーサルスタジオでは「手持ち無沙汰な中年男性」群が、がぜん目の色を輝かせて買いあさっているのも特長です。

実物車両、ジオラマ、シミュレーションの3点セットで、鉄道ファンならずとも「心の中の少年」が目覚めてしまったのでしょう。

もちろん、ミュージアムショップにはTシャツも並んでいて目が釘付けになりました。さて、世代的に子どもの頃は0系ひかりを書き続け、プラレールをどこまでもつなげ続けた、私の心を奪うTシャツはあったのでしょうか?

 >>>ミュージアムショップで見つけたかわいいTシャツ