■「とろりん」100キロマラソン

さて、今年の24時間テレビの見どころです。

過去、ホノルルマラソンを完走したことがある「とろりん」も、実は、前回のハーフマラソンではリタイアしているのです。

もちろん、「とろりん」こと「西村知美」さんが、女性では初めての「100キロマラソンに挑戦」というのが、まず驚きであります。

「話をもらった時は、”絶対無理”という漢字4文字が頭に浮かんだ。迷ったけど、自分の弱さを克服したくて、走ることを決意しました。初の自主的リタイアにならないように頑張りたい。」

去年は、研ナオコさんが80kmを走りぬきましたが、さらに20kmも長く....。

西村知美「公式ホームページ」
http://www.tororin.com/menu/





■歩道橋も渡らない石塚英彦が富士登山

個人的に応援したいのは、ホンジャマカの石塚英彦さん(身長175cm 体重118kg B127cm W117cm H126cm F28cm Head62cm)の富士登山。

同じようなふくよかな体型!の子供たちと、清掃登山で知られるアルピニスト野口 健さんと一緒にトライするのです。

▼▼▼▼▼▼▼▼▼ 24時間TV WEBより

自分の体力や精神力にコンプレックスを抱く子供達が、その悩みを克服する目標として、同じ境遇をいだいた仲間達と共に富士山登頂を目指します。日本最高峰から見る景色を夢見て、過酷なトレーニングを乗り越えてゆく少年達の日々の生活にも完全密着!


24時間テレビ25 ”愛は地球を救う”
http://www.ntv.co.jp/24h/

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲


そのメッセージが、元肥満児だった私を泣かせます。

「僕は普段、歩道橋も渡らない人」だという二児のパパ、石塚さん自身も、小学生の頃は肥満ゆえ引っ込み思案だったとか。

「富士登山を達成したことは、きっと自信になると思うんです。山に登っている人は顔が違いますからね。アルピニストの野口健さんなんて、自信に満ちあふれた顔してますもん。それは、人として、そして男として自信があるということだと思うんです。だから、今回の冨士登山が子供たちの心の支えになればいいですね。たとえ体重が変わっていなくても、意志の強さが変わってれば成功だと思う。それで、番組を見た人が、オレも登ってみようと思ってくれれば、またまた成功ですよね。」

石塚英彦「プロフィール」
http://www.watanabepro.co.jp/mypage/10000006/

野口 健「公式webサイト」
http://www.noguchi-ken.com/

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。