よく若い人からはじめて万年筆を買うんですけど、何かオススメはありますか?というご質問をいただくことがある。その要望をよくよくお聞きしてみると、はじめてなのであんまり値段は高くない方がいい、それでいて、デザイン性にもこだわりたいという。これまでは、そうした要望に対して海外のものをオススメしてくることが多かった。そんな中、日本のものにもその選択肢のひとつに入れてもいいのではというものが出てきた。これは、れっきとした日本製ではあるのだが、海外で育まれてきたという帰国子女的なユニークな経歴も持っている。

昨年末に発売されたトンボ鉛筆のObject(オブジェクト)万年筆だ。

トンボ オブジェクト
トンボ鉛筆 Object(オブジェクト)
万年筆 6,300円、水性ボールペン 3,150円


欧米で人気を博したモデル

このオブジェクトはトンボのデザイン性の高いペンシリーズである「トンボ デザイン コレクション」のひとつとして発売される。

今回のオブジェクトは厳密に言うと、新製品ではない。実は今から20年前の1989年に欧米で発売されたモデルである。1990年代と言えば、時代はデザイナーズブランド全盛。有名デザイナーのロゴがついたものばかりが売れていた時代だった。そんな中このオブジェクトはその全く逆をいくようなデザイン。ボディには大きなロゴもなければ、装飾的なデザインもないというシンプルに徹したスタイル。それが返って新鮮に受けとめられたのであろう。欧米でじわりじわりと人気を集めていった。

今回、そのオブジェクトが日本でも発売されることになった。海外でひと旗上げて日本に里帰りしたということになる。


流行に左右されない普遍的なデザイン

シンプルな中にも他とは違う独自性のあるデザイン
考えてみると20年も前にデザインされたペンがこうして今見ても全く古さを感じさせない。これは、ある意味すごいことだと思う。

トンボ オブジェクト
今回のオブジェクトをはじめ、数々のトンボデザインコレクションのデザインも手がけてこられた形見氏
このオブジェクトのデザインを手がけた同社商品企画部の形見和則氏。形見氏は、このオブジェクト以外にも、「トンボデザインコレクション」の数々のペンのデザインも担当している。

「このオブジェクトのデザインで最もこだわったのは、シンプルでありながらいかに特徴を出していくかということです。これは相矛盾することですので、とても難しいことです。」とは形見氏。

ペンのデザインというものはとても制約が多い。長さにして13~14cm程度、幅に至っては15mm前後という限られた中でのものとなる。そのわずかなスペースの中で各社いかに他社と違う独自性を出そうと競いあっている。
トンボ オブジェクト
ボディの両端が絞られ、ほぼ左右対称となっている。

今回のオブジェクトは一見すると実にシンプルに見える。しかし、他のどのペンとも違うオリジナリティというものも感じる。

その最たるポイントはボディの両端の独特なライン。端の部分だけキュッと絞られている。中心軸の直径は13mmと比較的太めではあるが、この両端の絞りのおかげでそれ程太いという印象を与えていない。

トンボ オブジェクト
優しく緩やかなライン。
ボディはアルミ素材でこの絞り加工は、プレス機で何回も繰り返し行い仕上げられていく。このしぼりは実用面でもメリットがある。一般的なキャップ式のペンは、キャップを尻軸にさすと、ボディとキャップのつなぎ目に大きな段差が生まれがちだ。今回のオブジェクトでは、確かに段差はあるものの、全体的なボディラインは崩れていない。
トンボ オブジェクト
キャップをボディの後ろにさしても、美しいボディラインは保たれる。


もちろんキャップも軽量なアルミなので、キャップをさしても、軽快な握り心地が味わえる。
トンボ オブジェクト
アルミボディにより一般の万年筆にはない軽量感が味わえる。
(重量18.9g)