イタリアのデザインペンブランド「パラフェルナリア」。多方面で活躍するデザイナーとコラボレーションして様々なデザインペンを生み出している。これまで日本では知る人ぞ知るというブランドだったが、最近は少しずつ見かけることも多くなってきた。

パラフェルナリア FALTER 2D
イタリア ミラノに本拠を置くパラフェルナリア

そのパラフェルナリアがこれまで以上に、斬新なペンを発売した。


今度のペンは自分で組み立てる

パラフェルナリア FALTER 2D
ボールペンのリフィル以外のパーツはすべて一枚の板金で出来ている。

「Falter 2D」という名のそのペンは、なんと、自分で組み立てるボールペンなのだ。しかも、ノック式ときている。この平べったい鉄の板がどのようにノック式ボールペンになるのだろう。

パラフェルナリア FALTER 2D
鉄板の厚さは1mmちょっと

早速、作ってみた。

ケースからその板金を取り出し手にしてみると、まるでプレス機でガシャン!と打ち抜かれたそのまま、といった感じで、余計な加工がほとんどされていない。その無垢質さがかえって男心をくすぐる。

パラフェルナリア FALTER 2Dパラフェルナリア FALTER 2D
それぞれのパーツはプラモデルのようになっている。
イラスト付きの組み立て図が付属。

組み立てにあたっては、簡単なイラストによる解説が添えられている。まず、この板金からパーツを取り外す。鉄板ということで、果たして外れるのかと思ってしまうが、まるでプラモデルのようにパーツをクルクルと回転させてあげれば、すんなりとフレームから外れていく。外すパーツの中には、組み立てで使う小さな工具まで付いている。今回の組み立てでは、特にねじ回しやボンドなどの工具類は一切使わず、この板金から取り出されるパーツだけ作れるようになっている。

パラフェルナリア FALTER 2D
各パーツはクルクルとねじれば工具を使わずに
簡単に外すことができる。