五十音 ボールペンと鉛筆
銀座の喧騒がうそのような路地裏の先にその店はあります。
東京銀座、晴海通り沿いにある天賞堂の裏に回ってみると、銀座の真ん中に、こんな静かな路地があったのかということに驚かされます。ひと気のないその路地を進んでいくと、ペンをモチーフにした使い込まれた赤い看板が目に入ってきます。「五十音」というこのショップは、2004年の11月にオープンしたボールペンと鉛筆の専門店。万年筆専門店というのは、聞いたことがありますが、ボールペンと鉛筆の専門というのは珍しいな、なんて考えながら店のドアを開けてみました。

五十音 ボールペンと鉛筆
ペンの形をした赤い看板が目印です。



タイムスリップしたような不思議な空間

五十音 ボールペンと鉛筆
年代モノのショーケースには、こだわりのペンがいっぱい並べられています。
五十音 ボールペンと鉛筆
手前は、クロス社のKIMONO。奥は自由の女神が描かれたカラダッシュ。
五十音 ボールペンと鉛筆
試し書きコーナーも雰囲気たっぷり
こじんまりとした店内には、まるでアンティークショップの様に色々な年代モノの商品が並んでいました。

オーナーの宇井野さんとのご挨拶もそこそこに、私は水を得た魚のように、しばし店内を拝見させていただきました。年代モノのショーケースがいくつもあり、そのひとつを覗き込んでみると、ちょっと見たこともない古いボールペンがありました。お聞きすれば、メーカーも分からない相当古いものだそうです。そのすぐ横に現行のラミー2000のボールペンが並んでいたりします。古いものと新しいものがなんの違和感もなく同居しています。

オーナーの宇井野さんは、もともと文具の中でも筆記具がとりわけお好きで、このお店を始められたそうです。
気になっていた、ボールペンと鉛筆に絞り込んだ理由についてお聞きしたところ、、、

「一番身近な筆記具で馴染むという感覚を思い起こさせてくれる道具だから。そして、なによりボールペンと鉛筆が好きだから。」

「ボールペンは、観光地で買えるお手ごろなものから、宝飾を施したものまで色々なバリエーションがあります。そうですね、女優に例えるなら、万年筆が大女優で、さながらボールペンはコメディからシリアスな役までこなせるチャーミングな女優というところでしょうか。」

「一方、鉛筆は誰しも使ったことがある身近な筆記具ですし、使い込むほどに短くなり、より手に馴染んでくるところが魅力です。」


と、お話しをお聞きして、並々ならぬ文具好きということが、ひしひしと伝わってきました。そうした想いでこの店に集められた数多くのペンは、アメリカやヨーロッパに直接出向いて買い付けているそうです。日本未発売のものも多く、見ているだけでとても楽しくなってしまいます。

ふと、見ると見慣れない艶やかな光沢を放っている鉛筆がありました。これは?とお聞きすると、なんと漆塗りの鉛筆とのこと。



漆塗りの鉛筆とは・・・>>次のページへ